SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通、人間の消費行動に影響を与える「11の欲望(Desire)」を可視化 クラスター分析も実施

 電通のプロジェクトチーム「DENTSU DESIRE DESIGN(デンツウ・デザイア・デザイン)」は、2021年から計3回に亘って実施した消費者調査の結果を基に、人間の消費行動に強く影響を及ぼすドライバーとなる感情を分析。「11の欲望(Desire)」として可視化した。

人間の消費行動を駆り立てる「11の欲望(Desire)」
人間の消費行動を駆り立てる「11の欲望(Desire)」

 今回の分析では、43種の「根源的な欲求」に関する質問から欲求因子を抽出し、さらに45種の「現代の価値観」に関する質問から、欲求因子と関係性の強い価値観を判定。その上で昨今の消費トレンドや社会情勢の考察を行い、11の欲望(Desire)として可視化した。

 また、11の欲望(Desire)それぞれの特徴をイメージしやすいように、考察や実際の消費事例も踏まえて消費者を分類したクラスター分析も実施。これにより、深い顧客理解に基づいたソリューションの立案を目指す。

11の欲望(Desire)をベースにしたクラスター分析の例
11の欲望(Desire)をベースにしたクラスター分析の例

【関連記事】
デジタルネイティブ世代の「自己表現消費」傾向が強化/消費行動3フェーズの特徴【電通デジタル調査】
日本の消費者の約8割がサステイナブル製品への購買意欲が高い ただし実購買へは至らず【ベイン調査】
約5人に1人が「推し活」中/活動内容は公式SNSのチェックや映像鑑賞など【パナソニック調査】
アイスタイル、「2022年下半期トレンド予測」発表 リベンジ消費・ジェンダーレスがキーワードに
Z世代の約半数が「野菜をよく食べる」と回答/酒類の消費傾向にY世代との差/日本インフォメーション調査

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/06/29 17:30 https://markezine.jp/article/detail/39329

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング