SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

屋外広告のオーディエンスデータを可視化 サーチが「OOH Analytics」を提供開始

 サーチは、屋外広告のオーディエンスデータをリアルタイムに可視化するクラウドプラットフォームサービス「OOH Analytics」の提供を開始した。

OOH Analytics_ダッシュボード
OOH Analyticsのダッシュボード

 同社は、屋外広告を中心にメディアの開発・運営事業や広告代理事業などを展開する企業だ。OOH Analyticsでは、媒体に設置したカメラの画像をエッジAIで即時処理。媒体視聴範囲の人数・性別・年代・視聴態度(進行方向・滞留歩行状況)をリアルタイムに可視化し、広告ごとのレポートデータを提供する。

 本サービスを通じ、利用企業はデータを基にした出稿計画の策定や、出稿量・出稿期間の調整が可能に。また、広告料金から一人あたりの接触単価や視聴推計単価などを割り出すこともできる。

 同社は今後、媒体前往来者の「移動流入(世界・国内)」「興味・関心」「消費傾向」などを可視化し「デモグラフィック分析」の機能を追加予定だ。

【関連記事】
FamilyMartVisionとLIVE BOARDのDOOHがパッケージ化視野に実証実験を開始
ジーニー、サーチとDOOH領域で連携を開始 新橋・渋谷の大型ビジョンへプログラマティック配信が可能に
デジタルOOHバイイング特化ツール「LIVE BOARD DSP」、2022年6月より提供開始
ソトコトが東京メトロ銀座線をジャック、設置したビーコンとアプリ連携でOOH連動プッシュ広告配信も実施
オトナルが音声広告とDOOHの連携配信を開始 位置情報履歴に基づくターゲティング配信が可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/07/05 17:15 https://markezine.jp/article/detail/39388

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング