SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

HIKKY、メタバースメーカー「Vket Cloud」のベータテスターが作成した20ワールドを公開

 7月11日、HIKKYは、同社が独自に開発をすすめるメタバースメーカー「Vket Cloud(ブイケット クラウド)」のベータテスターが作成した各ワールドの中から、審査基準を満たした20ワールドを先行して一般公開した。各ワールドにはベータテスターポータルサイトのTOPページからアクセスできる。

 Vket Cloudとは、オリジナルのメタバース空間が誰でも自由に制作できることを目指して機能開発を進める、HIKKY独自のメタバース開発エンジン。Vket Cloudを用いて制作されたメタバース空間には、スマートフォンやパソコンから入場することができる。専用アプリなどのダウンロードを行うことなく、URLリンクをクリックするだけでアクセスが可能だ。

 2022年5月に募集したVket Cloudのベータテスターには、募集開始から約1週間で175名の応募があり、参加者はそれぞれ独自のギャラリーワールドを制作した。

参加者によって制作されたワールドの一例
参加者によって制作されたワールドの一例

 また、夏から秋にかけてベータテスターの二次募集も予定されている。

【関連記事】
DACが小学館のメタバースプロジェクトに参画 XR・メタバース領域のコンテンツやメディア体験の開発へ
CA、メタバースでのファッション開発に特化した「Meta Fashion Factory」設立
DAC、米国Super League Gamingと提携 メタバース領域で広告販売を開始
電通と電通ジャパンネットワーク、 企業のメタバース活用を統合的に支援するソリューションを提供
マルチデバイス対応やNFT活用を可能に Synamonがメタバース総合プラットフォームを開発

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/07/12 14:45 https://markezine.jp/article/detail/39435

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング