SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

TVer、累計アプリDL数が5,000万突破 ティーン層の利用拡大しMUBは前年同月比171%へ

 TVerは、同社の民放公式テレビ配信サービス「TVer」のスマートフォン・タブレットアプリ、コネクテッドTVを合わせた累計のアプリダウンロード数が5,000万ダウンロードを突破したと発表した。

 TVerは2020年3月より、数か月ごとに500万ダウンロードのペースで急伸。今回5,000万ダウンロードを突破した背景には、ローカル局を含めた配信番組数の増加、「NOW ON TVer」を銘打った民放5系列のリアルタイム配信(地上波の同時配信)のプロモーション効果のほか、コロナ禍においてTVerでテレビコンテンツを楽しむという視聴スタイルがユーザーに浸透したことが挙げられる。

 まもなく7周年を迎える「TVer」の認知率は2022年4月の調査で過去最高値の66.1%となり、特にティーン層(15〜19歳)において女性85.4%、男性68.2%と高い認知率を持っているのが特徴だ。

 2022年4月以降のレギュラーの見逃し配信番組数は500番組を超え、バラエティを中心とした配信オリジナルコンテンツ、また特定のエリアでしか視聴できなかったローカル番組も拡充されている。

 バラエティは番組によってティーン層の視聴割合が高く、2022年6月のティーン層のMUB(Monthly Unique Browsers:月間ユニークブラウザ数)は前年同月比171%となるなど、利用拡大が顕著となっている。

 TVerの様々なコンテンツ拡充により、若年層におけるテレビコンテンツの視聴機会促進と、利用拡大につながったと考えられる。

【関連記事】
2022年1~3月番組再生数、1位はフジテレビ「ミステリと言う勿れ」で歴代最高【TVer調べ】
TVer、「TVer ID」の提供を開始 テレビコンテンツの視聴体験や広告体験の向上を目指す
hulu、TVer、ナイアンティックら登壇!顧客に選ばれ続けるためのアプリ体験と、その創出方法を学ぶ
TVer、3月の動画再生数は1億8,000万回超え 番組再⽣数1位は「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」
利用中の動画配信サービス、トップは「Amazonプライム・ビデオ」【ネットプロテクションズ調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/07/25 15:45 https://markezine.jp/article/detail/39524

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング