SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アダストリア、メタバースファッション領域へ参入 エイベックスと共同で2ブランドのアイテムをアバター化

 アダストリアは、メタバースファッション領域に参入すると発表した。メタバース参入第1弾のパートナーはエイベックス・グループのバーチャル・エイベックス。

 同社と共同で、Z世代を中心とした若者に支持されるアダストリアのブランド「RAGEBLUE(レイジブルー)」と「HARE(ハレ)」のアイテムをアバター化。同アイテムは、大阪梅田の街をメタバース空間で再現したイベント「JM梅田ミュージックフェス2022 SUMMER」にて、来場者が無料で着せ替えられるアバター用の洋服(スキン)として提供される。

 今回着用できるアバターアイテムとして、実際に両ブランドで販売されているアイテムがメンズ5体、ウィメンズ5体の計10体用意される。来場者はそれらのアバタースキンを無料で着用し、JM梅田のメタバース世界を楽しめる。10体のアバタースキンは、イベント期間中に順次公開される予定。

 今回の事業参入の背景には、アダストリアが2025年に向けた成長戦略の一つとして掲げるキーワード「デジタルの顧客接点・サービスを広げる」がある。同社のミッションである「Play fashion!」という想いを、アパレル領域だけでなく、同じように、メタバースの世界の中でも伝え、ファッションを楽しむきっかけを提供するため、今回の参入に至った。

 今後の展開としては、最初はメタバースファッションの商品提供、販売からスタート。アダストリアが持つ「ブランド」「商品」「店舗」「スタッフ」「デザイナー、パタンナー」「自社ECプラットフォーム(.st)」の6つの資産を活かした、ファッションを通じたメタバースの世界の楽しみ方を提供していく。将来的には、様々なメタバースプラットフォームへの展開やコンテンツ提供、イベント開催、IP(intellectual property)などの展開を予定している。

【関連記事】
DACが小学館のメタバースプロジェクトに参画 XR・メタバース領域のコンテンツやメディア体験の開発へ
HIKKY、メタバースメーカー「Vket Cloud」のベータテスターが作成した20ワールドを公開
CA、メタバースでのファッション開発に特化した「Meta Fashion Factory」設立
KADOKAWA、ニコニコ超会議2022でVR・メタバース・AIなどDX化された「未来の書店」を出展
東京ガールズコレクション公式メタバース「バーチャルTGC」が正式ローンチ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/07/25 17:30 https://markezine.jp/article/detail/39531

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング