SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究

競合企業のインターネット広告出稿量が簡単に調べられる調査ツール「Trend-spice!」

今回のテーマは、インターネット広告の出稿量調査。株式会社スパイスボックスが提供する広告プランニングの基礎データを提供するASPサービス「Trend-spice!」(トレンドスパイス)について、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社 CTOの徳久氏に聞いた。

リーズナブルな広告戦略に欠かせない基礎データ

 全広告費に占める割合が雑誌広告に迫るほどに、多くの企業に、大きな規模で活用されるようになったインターネット広告。「とりあえず試してみる」という段階は過ぎ、宣伝担当者の興味は、効果のシビアな測定や、高い効果を生み出すための細かな工夫などに移っている。

 今回のテーマは、インターネット広告の出稿量調査。株式会社スパイスボックスが提供する広告プランニングの基礎データを提供するASPサービス「Trend-spice!」(トレンドスパイス)について、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社 CTOの徳久氏に聞いた。

 「マス広告と違い、インターネット広告では、広告主自身が出稿や予算についてハンドリングすることも多いのですが、競合他社の出稿状況を知る手段は限られています。その手段のひとつが『Trend-Spice!』なのです」(徳久氏、以下同)

 「Trend-spice!」は、業種別の出稿状況のランキングや時系列における出稿状況、サイト別の出稿量、実際に出稿したクリエイティブなどが調査できるサービス。

 「いつ」「どんな企業が」「どの媒体、掲載面に」「どんなクリエイティブで」「どのくらいの量」の広告を出したかが分かるのだ。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
「Trend-spice!」の使い方 ~広告主の場合~

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

大正谷 成晴(オショウダニ シゲハル)

1973年生まれ。フリーランスライター・エディター。2001年よりビジネス誌を中心に活動を開始。現在に至る。趣味はサイクリング、料理、投資。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング