SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第97号(2024年1月号)
特集「2024年の消費者インサイト」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

インフルエンサーのPR投稿、4割超が「通常投稿と比べて信頼度は変わらない」と回答【THECOO調査】

 THECOOは、全国の男女1,000人を対象に「SNS利用とインフルエンサーに関する意識調査」を実施した。

毎日使うSNS、トップは「YouTube」

 SNSを使うと回答した人(以下、SNS利用者)を対象に、過去1ヵ月間で使用したSNSとその頻度を調べた。選択肢のひとつである「毎日使う」の回答結果を見ると「YouTube」が約47.9%と最多に。

 「使っていない」の回答結果では「YouTube」の割合が約8%だった一方「TikTok」は約68%に上った。

約3分の1がタイアップ投稿を見て商品を購入

 「インフルエンサーのPR投稿・ブランドタイアップ投稿を見て商品・サービスを購入・利用したことがあるか」を聴取。その結果、約31.3%が「ある」と回答した。

PR投稿、約3割は「通常投稿と比べて信頼性は下がる」と回答

 「PR・ブランドタイアップ投稿での商品・サービス紹介を見た時、通常投稿と比較してどう感じるか」と質問。トップの回答は「信頼性は下がり、投稿きっかけで商品・サービスを購入しようとは思わない」で約30.1%に。一方「信頼性は変わらない」と回答した人(※)の割合は約41.7%だった。

※「通常投稿と信頼性は変わらない」もしくは「投稿内容が面白い・有益なものであれば信頼性は変わらない」の回答者

【クリック/タップで拡大】

【調査概要】
期間:2022年8月30日(火)〜2022年8月31日(水)
対象:全国の男女15~99歳
有効回答者数:1,000人
方法:インターネット調査

【関連記事】
【回答者特典あり!】MarkeZineがアンケート調査を開始
調べもの時に利用頻度の高いサービス/検索エンジンに次いでインスタ、YouTubeが3位に/ナイル調査
メタバースの認知率は6割超/一方「関心がある」と答えた人は約2割に留まる【クロスマーケティング調査】
ファンの消費行動調査/支出喚起力トップ3は「鬼滅」「モンスト」「関ジャニ」【コンテンツビジネスラボ】
凸版印刷らが「Shofoo!」会員に買い物意識調査を実施/店頭で買う物を決める「非計画購買派」が増加
利用率トップは「アマプラ」/「ディズニープラス」の認知も拡大【有料動画配信サービスの利用実態調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/09/13 16:00 https://markezine.jp/article/detail/40000

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング