SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

人を育てる。組織を育てる。

最強のメソッドカンパニーを目指す サイル栗原氏の組織強化論

 マーケティング業界でも深刻な問題となっている人材不足とどう向き合い、どこに解決の糸口を見つけるか? また、ビジネスをリードできる強いマーケティング組織をいかに作っていくか?各社の取り組みを探る本連載。第11回は、BtoBマーケティングのコンサル事業を展開する才流(サイル)の栗原康太氏を取材した。高い生産性を発揮する組織を作るには? BtoBで強いマーケティング組織を作るには? 栗原氏の考えを聞いてみよう。

※本記事は、2022年9月25日刊行の定期誌『MarkeZine』81号に掲載したものです。

企業の存在意義は「社会への提供価値」にある

——はじめに、才流についてご紹介ください。

株式会社才流 代表取締役社長 栗原 康太氏 東京大学卒業。2011年にIT系上場企業に入 社し、BtoBマーケティング支援事業を立ち上げ、 事業部長、経営会議メンバーを歴任。その後 2016年に才流を設立。著書に『事例で学ぶ BtoBマーケティングの戦略と実践』(すばる舎) など。
株式会社才流 代表取締役社長 栗原 康太氏 東京大学卒業。2011年にIT系上場企業に入 社し、BtoBマーケティング支援事業を立ち上げ、 事業部長、経営会議メンバーを歴任。その後 2016年に才流を設立。著書に『事例で学ぶ BtoBマーケティングの戦略と実践』(すばる舎) など。

 才流は「メソッドカンパニー」をビジョンに掲げ、BtoBマーケティングのメソッド発信およびコンサルティングを主軸に事業を展開している会社です。ここで言うメソッドとは「再現性のある方法論」と定義しているもので、日々のコンサルティング活動を通して培ったノウハウをメソッドに落とし込み、様々な領域でコンテンツを発信しています。これまでは私含めコンサルタントみんなでコンテンツの制作・発信を行ってきましたが、今ちょうどコンテンツマーケティングを専門的に行うチームを作ろうとしているところです。

——才流は働き方や組織管理において独自のスタイルを貫かれています。栗原さんはどのような組織を理想とされているのですか?

 才流を経営する上で、すべての前提にあるのは「会社や事業の存在意義は社会への価値提供にある」という考えです。働き方や組織管理において行っている様々な工夫も、すべては「社会への提供価値を最大化できるように」という考えのもとにあります。

 理想とする組織の形態について私がどうこう言うのもおこがましい話ですが、社会への価値提供に、組織を構成するメンバーの意識や時間が限りなく100%に近い水準で配分されている、という状態が理想であると思っています。

 普通に会社で働いていると、社会への価値提供に関係ないことって、たくさんありますよね。たとえば、社内政治や出世の問題に意識が向いていたり。毎日・毎月の営業のアポイント数、人事評価や稟議や報告書の作成、創業記念パーティーなども、提供価値にはあまり関係ありません。これらの要素をゼロにしていくと、理想の組織に近づいていくのではないかと思っています。実際に、才流には「人事評価」が一切ありません。人事評価制度を作り、運用することには多大な時間がかかりますが、その時間を社会やお客様への提供価値をどう最大化するか、に使いたいと考えているからです。それでも社会や市場という広義の意味での社会と、対・お客様という狭義の意味での社会にみんなピュアに向き合えていると思っています。

この記事はプレミアム記事(有料)です。ご利用にはMarkeZineプレミアムのご契約が必要です。

有料記事が読み放題!MarkeZineプレミアム

詳細はこちら

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラスをご契約の方は
こちらから電子版(誌面)を閲覧できます。

次のページ
徹底したプロセス改善とノウハウ共有

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
人を育てる。組織を育てる。連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/09/29 08:30 https://markezine.jp/article/detail/40080

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング