SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

イベントレポート(PR)

Adobe Experience Makers Live 2022 先進的なデジタル体験事例の紹介

 2022年9月12日(月)、アドビはブルーノート東京において「Adobe Experience Cloud」のソリューションを活用して優れたデジタル体験を創出しているデジタルマーケターが最新のデジタルエクスペリエンスソリューション活用事例を紹介する「Adobe Experience Makers Live 2022」を3年ぶりに対面で開催した。本稿では、アドビの既存顧客など限られた招待客が参加して大いに盛り上がった当日の様子をレポートするとともに、同ソリューションを活用した最新事例などをお届けする。

「The Experience Maker of the Year」を受賞した東京海上日動

 Experience Maker──それは「Adobe Experience Cloud」のソリューションを活用して、顧客中心主義志向を貫き、これまでの常識にとらわれることなく、創意工夫と大胆な行動力で素晴らしい顧客体験をお客様に届け、企業と顧客との関係性というものを変革し、企業の事業成長を牽引する人々のことを指している。

 本イベントには、日本の「Experience Maker Award」受賞者や「Adobe Marketo Engage Champion」受賞者らも出席し、各企業・チームの成功体験を発表した。開催場所は東京・南青山にあるジャズ・クラブ「ブルーノート東京」。ムーディな雰囲気の中、生バンドが各講演の合間にジャズミュージックを演奏し、その場を盛り上げる。

 冒頭のセッションにはAdobe Experience Maker Awardsの一つである「The Experience Maker of the Year」を受賞した東京海上日動火災保険(以下、東京海上日動)の吉村歩美氏が登壇する。

東京海上日動火災保険 デジタルイノベーション部 マネージャー 吉村歩美氏

 吉村氏が所属するデジタルイノベーション部は2019年に立ち上がった。主なミッションは、国内の市場に多大な影響を持つプラットフォーマーやマーケットホルダーと協力して新たな保険の提供モデルを立ち上げたり、新たなソリューションを開発・導入して保険の提供チャネルを改善し、効率化を促したりすることにある。これらのミッションの一環として、吉村氏は損害保険におけるデジタルマーケティングの活用に着手した

 従来型の損害保険事業では、東京海上日動とエンドユーザーを保険代理店(以下、代理店)が仲介するBtoBtoCのビジネスモデルが中心となっている。

「このビジネスモデルを前提に考えると、東京海上日動におけるデジタルマーケティングとはすなわち『代理店のデジタルマーケティングを支援すること』というシンプルな結論に至りました」(吉村氏)

難解な保険商品の解説コンテンツを制作

 吉村氏は、代理店の業務支援の切り口として「保険の難解さ」に目を付けた。損害保険は種類が豊富なため「医療保険とがん保険の違いは?」「個人賠償責任保険って何?」などエンドユーザーの疑問は尽きない。一方で、難解な保険の内容をわかりやすく、かつ正しく説明したオンラインコンテンツは「意外と少ない」という。そこで吉村氏は、東京海上日動側で記事や動画コンテンツを作り、代理店のWebページなどに掲載してもらう施策を考えついた。

「どの保険に入ることで、どういったリスクヘッジが可能なのかをWeb上で簡単に調べられれば、エンドユーザーがより合理的に意思決定ができると考えました」(吉村氏)

 また、エンドユーザーの利益につながるのはもちろん、代理店にとってもメリットがあると考えた。コンテンツの制作を東京海上日動が請け負うことで、代理店の負担にはならない。「コンテンツが増えれば代理店におけるCVRを高められる」との発想だ。

 効率的にコンテンツ制作を行っていくためにはCMSが欠かせない。そこで、外部の制作会社にシステム導入を依頼。提案されたのがアドビの「Adobe Experience Manager as a Cloud Services」だった。吉村氏はAdobe Experience Manager as a Cloud Servicesについて「GUI(Graphical User Interface)によって直感的な操作が可能であり、HTMLやCSSといった言語に不慣れなメンバーでもWebページを簡単に構築できる」と高く評価する。

次のページ
代理店に応じた二つのコンテンツ提供方法

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
イベントレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/11/02 10:30 https://markezine.jp/article/detail/40122

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング