SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂と楽天が共同研究 楽天市場で“ペア購買”が起こりやすいジャンルは「ルームウェア」

 博報堂買物研究所と楽天グループは共同研究を開始し、第一弾として楽天市場における購買行動を分析。分析にあたり、メンズとレディースで同一ジャンルの商品が同日に買われることを「ペア購買」ペア購買の中でもブランドやデザインがおそろいの商品が買われることを「ペアルック購入」と名付けた。

“ペア購買”が起こりやすいジャンル、トップは部屋着

 楽天市場でペア購買が起こりやすいジャンルを分析。その結果、トップは「ナイトウェア・ルームウェア」となった。2位は「靴下・レッグウェア」3位は「スニーカー」という結果に。

 またトップ3のジャンルにおけるペアルック購入者の割合も調査。その結果「ナイトウェア・ルームウェア(43%)」「靴下・レッグウェア(47%)」「スニーカー(54%)」と3ジャンルすべてにおいて、半数近くの人がペアルック購入をしていた。

「ペア購買層」の中心は30~40代

 ペア購買の起こりやすい「ナイトウェア・ルームウェア」「靴下・レッグウェア」「スニーカー」の3ジャンルにおいて、購入者の年代を抽出。その上で、楽天全体のユーザーの年代層と比較(※)した。その結果、40代の割合が3ジャンルすべてにおいて最も大きく、楽天全体のユーザー層よりも6~11%高い傾向に。

※2021年内に楽天市場で1度でも商品購入をした20~70代のユーザー10万人と、3ジャンルのうち1つでもペア購買したことがある20~70代のユーザー10万人を比較

【分析概要】
期間:2021年1月1日(金)~2021年12月31日(金)※2022年5月にデータ分析実施
対象:20~70代の全楽天市場アクティブユーザーから個人データが特定できない形で1万人をランダムサンプルで抽出

【関連記事】
【回答者特典あり!】MarkeZineがアンケート調査を開始
生活者の6割以上がUGCを信頼/最も購買行動に影響を与えるのは「テキスト形式」【Letro調査】
Z世代の半数が社会的課題に関心/約7割が取り組む企業へ好印象【SHIBUYA109 lab.調査】
SDGsを巡る購買行動/10代においては意識の高い層と低い層の両極化が浮き彫りに【博報堂調査】
メタバース要素を持つゲーム/プレイした経験が「ある」と答えた人は26%【クロス・マーケティング調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/09/29 17:45 https://markezine.jp/article/detail/40148

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング