SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第97号(2024年1月号)
特集「2024年の消費者インサイト」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ZOZO、初のリアル店舗オープン AIとプロのスタイリストのコーディネートを無料で提供

 ZOZOは、『「似合う」で、人は笑顔になる』というコンセプトのもと、同社初のリアル店舗を12月16日より表参道にオープンすることを発表した。

記者会見の様子
記者会見の様子

 「試着室に飛び込む」というコンセプトで作られた同店舗では、超パーソナルスタイリングサービス「niaulab by ZOZO」を提供する。

 同サービスは、服を売らないリアル店舗で同社独自のAI「niaulab AI by ZOZO」とプロのスタイリストが、顧客に合ったコーディネートを無料で提案するもの。

 顧客1人につき2時間以上貸し切りでの利用が可能。コーディネート提案の後、プロによるヘアメイクと写真撮影を行い、スタイリングのポイントが書かれたカードと写真を送るという一連の体験を無料で提供する。

 コーディネートは、顧客の事前アンケートをもとに「niaulab AI by ZOZO」が700点以上のアイテムを用いた3パターンが用意される。それを参考に、プロのスタイリストが顧客の悩みやなりたいイメージなどをヒアリング。AIとプロの知見を掛け合わせ、顧客に「似合う」スタイリングを提案する。

niaulab内装イメージ
niaulab内装イメージ

 同社は、「niaulab by ZOZO」で得られた知見を「ZOZOTOWN」や「WEAR」といった既存サービスで活かし、一人ひとりに「似合う」スタイリングをレコメンドするなど、サービスの利便性向上につなげていく。

 さらに、主観的であいまいな「似合う」のセオリーが見つかれば、バーチャルな世界での新たなファッションの楽しみ方の提案や、海外での事業展開も視野に入れるとのこと。

【関連記事】
アパレルの在庫リスクゼロを目指す生産支援プラットフォーム 「Made by ZOZO」、受注販売開始
デサントジャパン、STAFF STARTを導入 オンライン接客によりOMO強化へ
電通、店舗アプリをカスタマイズする「PROMOTAG」を提供 ユーザーの利用促進やデータ分析が可能に
【オンラインイベント】リテールAI研究会代表理事が語る、リテールテックの現状
ジオクリエイツら、スーパーの実店舗を再現したVRでショッパーの購買体験に関する調査を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/11/09 18:00 https://markezine.jp/article/detail/40556

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング