SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

BOOKS

孤独なマーケターが成果を出すには?「応援団を増やす」社内での立ち回り方【お薦めの書籍】


 近年、コロナの状況もありBtoBの企業がデジタルを活用したマーケティングの重要性が強く意識されるようになってきました。ですが、企業も予算不足からなかなか投資ができず、多くの企業はマーケターの人手不足という問題を抱えています。本書ではそんな「ひとりマーケター」としてもがく方の為の仕事術を解説する書籍をご紹介します。

マーケターとしての土台とは?

 今回紹介する書籍は『ひとりマーケター 成果を出す仕事術』。著者はナイルの法人向けコンサルサービスでマーケティング責任者を務める大澤心咲氏です。

『ひとりマーケター 成果を出す仕事術』大澤心咲(著) マイナビ出版 2,508円(税込)
ひとりマーケター 成果を出す仕事術
大澤心咲(著) マイナビ出版 2,508円(税込)

 大澤氏は新卒でアクセンチュアに入社した後、ナイルに入社。同社のデジタルマーケティング事業部にて一人でマーケティングチームを立ち上げ。その後インサイドセールスと広報を開始し、今では同事業部のマーケティング責任者を務める人物です。

 本書によれば、現在企業の30%では組織におけるマーケターが一人以下になっているそうです。一方、大澤氏は冒頭において「上司がマーケティング経験者であっても、そうでなくても、ひとりマーケター次第で成果を残すことは可能」と述べています。

 最小限の予算しか与えられていないマーケティングの部署でどのように動けばよいのかわからない方も多いはず。本書ではそのヒントを解説しています。

ひとりマーケターが最初に行う2つのことは?

 本書で大澤氏は、ひとりマーケターに就任したらまず下記2つを行うべきと説明しています。

  1. 年間の目標数値を決める
  2. 自社のマーケティングは今後拡大するつもりなのかを確認する(P.16)

 上記の一つ目においては「ただ目標を決めれば良い」という意図ではありません。大澤氏は下記のように述べています。

1年間の数値目標を整理しながら上司と営業部長にマーケティングの数字を理解してもらいましょう。いきなり提案するのではなく、営業部長と認識や数字をすり合わせながら作成し、作成の過程で営業部長に少しずつ理解してもらいましょう。(P.21)

 このように、目標を立てるだけでなく、それを営業と一緒に共有して、運命共同体として1つにまとまることが大切だと述べているのです。

 上記に挙げた行うべき行動二つ目「自社のマーケティングは今後拡大するつもりなのかを確認する」に関しては、「マーケティングの仕事をどこまでと定義するか」が重要と大澤氏は述べています。

 たとえば、会社におけるマーケターの目的が集客のみである場合、予算を拡大していけば一人で十分回せるかもしれません。しかし、マーケターの業務として市場分析や商談の確度上げも期待されるのであれば、一人ではリソースが足りなくなってしまいます。

 このように、ひとりマーケターとして自分の果たさなければいけない役目がどこまでなのかを判断することが大切だと説明しています。

周りに信頼してもらい自分で働く環境を作り出す

 本書でひとりマーケターの最優先事項は応援団を増やすことだと大澤氏は述べています。特に上司との関係構築が非常に重要であるとのことです。

 ですが、最初から理想の上司を「引き当てる」のはなかなか難しいこと。大澤氏は上司をこのように定義しています。

上司はあなたが結果を出す為の情報提供と、あなたが結果を出す為にあなたが社内交渉をしづらい相手に、あなたの代わりに社内交渉をしてくれる存在です。(P.34)

 上司に情報提供や社内交渉をしてもらうために、毎週上司に気づいたことや、自分が行った施策を細かく共有する。そして実際にすぐに結果がでなくても、上司に「この人に任せると成果が出そう」と感じてもらうことが重要であると大澤氏は述べています。

 本書では1章~4章で、上記のようなひとりマーケターとして施策を実行していくための土台について紹介。残り5章~8章では、具体的な施策と考え方が解説されています。

 マーケティングの部署でひとりマーケターとして困っている方にはもちろん、上司や他部署の人との関係構築に悩んでいる方にもヒントとなる内容です。ぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
BOOKS連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

土屋 典正(編集部)(ツチヤ ノリマサ)

1997年生まれ。法政大学法学部を卒業。新卒で人材派遣の会社にて営業職を経験し、翔泳社に入社。MarkeZine編集部に所属。 

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/12/07 14:32 https://markezine.jp/article/detail/40714

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング