SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

TikTok広告マーケティング最新事例&動向(AD)

NewsPicks事例に学ぶ、TikTok広告活用の新常識「スマートパフォーマンスキャンペーン」とは

SPC活用のコツはクリエイティブの高速PDCA

MZ:NewsPicksの大石さんは今回SPCを活用してみて、何か気づきや学びはありましたか。

大石:TikTokのターゲット含有率の高さには驚きました。元々個人的なイメージでNewsPicksのメインターゲットである20代から40代のビジネスパーソンのうち、TikTokでは比較的若い層へのアプローチとなると考えていました。しかし、実際には30代から40代の方にもリーチできていたんです。

MZ:今回非常に良い成果が出たSPCですが、SPCを活用する際に広告主や広告代理店が気を付けたいポイントがあれば教えてください。

TikTok for Business Japan, Product Solutions and Operations, Product Marketing Lead 稲垣 勇登氏
TikTok for Business Japan, Product Solutions and Operations, Product Marketing Lead 稲垣 勇登氏

稲垣:クリエイティブに関するPDCAを高速に回すことが、TikTok for Businessのアプリインストール広告を活用して広告効果を高めるために重要なポイントです。これまでの運用では、キャンペーン配下の広告セットごとに運用していただいていたため、キャンペーン全体での各クリエイティブ単位での効果判断などが難しかったという背景がありました。

 しかし、SPCにおいてはアプリインストールやその後のアプリイベントの転換率、ROASなどの目標指標に対して、効果の高いクリエイティブが一律に評価、分析しやすくなっており、運用改善が実施しやすくなっています。

 より効果の高い動画のストーリー設計や訴求内容、CTA(Call To Action)を把握し、TikTok for Businessにおけるクリエイティブの勝ちパターンをより迅速に把握できるのです。

iOSへの展開などポテンシャルに期待大

MZ:最後に今後の展望について聞かせてください。

大石: TikTok for Businessは、今後もポテンシャルが高い広告プラットフォームの一つとして考えています。今回のSPCの利用を通じて、TikTokは特にクリエイティブ供給が重要だと感じたので、今後はTikTokライクなクリエイティブ制作も含め社内体制を整えていきたいと思っています。

稲垣:SPCは、アプリマーケティングにおいてキーとなってくるソリューションであると考えています。今後もより多くの広告主様、広告代理店様にご活用いただく中で、フィードバックなどをいただきながら製品開発に活かしてまいります。現在はアプリインストール目的のキャンペーンにおいて、Android配信でのみ利用可能となっている状況ですので、今後はiOS配信やその他コンバージョン目的のキャンペーンへの対応も見据えております。

 また、本機能についてはアプリ広告主様、広告代理店様に対してローワーファネルへの最適化を対象としたソリューションとなっておりますが、今後はアッパーファネル向けのプロダクトと組み合わせてご利用いただくようなアプリマーケティングに対する統合ソリューションを確立していければと考えています。

楊:これまで別々で提供していた3つの自動化機能を統合したことで、我々のアプリマーケティングのソリューションは自動化と効率化の観点で大きく前進したと考えています。今後も様々な業界のアプリ広告主様、広告代理店様に対して満足いただけるような広告ソリューションをご提供できるよう、NewsPicks様のような早期から新機能を活用いただける広告主様からのフィードバックやご意見を参考にしながら、取り組んでいきたいです。

稲垣:弊社のセールスやクライアントソリューションのメンバーとも引き続き密に連携を図りながら、広告主様、代理店様に対して最大の広告効果をお返しできるよう、TikTok for Businessとしてワンチームで取り組んでまいります。2023年においてはより業界に特化したソリューションの確立や、上述のクロスファネルにおける統合ソリューションのご提供をミッションとして、広告マーケットに向き合ってまいります。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
TikTok広告マーケティング最新事例&動向連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

タカハシ コウキ(タカハシ コウキ)

1997年生まれ。2020年に駒沢大学経済学部を卒業。在学中よりインターンなどで記事制作を経験。卒業後、フリーライターとして、インタビューやレポート記事を執筆している。またカメラマンとしても活動中。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/12/20 17:15 https://markezine.jp/article/detail/40826

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング