SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

エージェンシーに聞く、広告運用現場の改革最前線(AD)

使い手も驚くテクノロジーで54%の工数削減!電通デジタル×Shirofuneの業務改革の裏側

 デジタル広告予算が増加し、キャンペーンに起用する媒体についても拡大する中、運用にかかる労力は常にひっ迫している。そもそも社会全体が長時間労働の是正に取り組む現代において、品質とスピードを両立するためにはどのような方策が必要となるのだろうか。電通デジタルでは、広告運用自動化ツール「Shirofune」の導入により業務を大幅に削減。品質とスピードを両立する業務効率化に取り組んでいる。担当者に詳しい話を聞いた。

業務効率化は広告領域における急務

MarkeZine編集部(以下、MZ):初めに自己紹介をお願いします。

岩崎:電通デジタルでは、広告領域のプランナーとしてクライアント様に向き合ってきました。3年程前に異動があり、現在はワークデザイングループ、業務フローを整える部署でグループマネージャーをしています。

 効率的なフローの構築によって仕事を円滑化し、現場の業務時間を削減することが我々のミッションです。

岩崎氏
株式会社電通デジタル メディア&コミュニケーション領域 プラットフォーム部門 ビジネスプロセスマネジメント部 ワークデザイングループ グループマネージャー 岩崎真氏

菊池:Shirofuneの菊池です。業務内容の7割はアルゴリズムなどの開発に費やし、あとはセールスやその他業務まで幅広く行っています。今回お話しする電通デジタル様社内での「Shirofune」導入については、セールスとして提案やフォローをさせていただいています。

MZ:デジタル広告の予算が増加する中、電通デジタルではどのような課題を抱えているのでしょうか。

岩崎:当社では事業規模の拡大のため、急速に増員を進めております。ただ、増員だけだと不十分で、求められる業務量に対して、限られた時間内で対応しきれない、ということが起こり得るかなと思っています。未経験の場合、どんなにポテンシャルがあっても、数か月~半年程度の育成期間が必要ですし。

 また、業界の特性上、業務にスピード感が求められます。たとえば「すぐにレポートが欲しい」などのご要望にお応えする体制を用意するには、増員だけでなく、生産性向上もセットで進めないと限界があるな、という課題感があります。

MZ:スピード感と品質の両立によって、働く側の負担が増えている、ということでしょうか。

岩崎:そうですね。一方で、全社として残業時間の削減にはかなり本腰を入れています。労働時間の制限がある中で、目標数字も達成しなければならない。そうなると、必然的に業務を効率化するしかない、というのが現状です。

媒体の分散化でデジタルエージェンシーの負担が増えている

MZ:業務効率化を支援するShirifuneの立場から見て、企業はどのような課題を抱えているのでしょうか。

菊池:副業化など、働き方の幅が広がったこと、広告運用の自動化が進んだことで、かつての人海戦術による広告運用が成立しなくなっています。熟練した人材の確保も難しいため、個人技に頼るのではなく、業務フローを整えたり、品質基準を設けたりと、業務を標準化しなければばらない、と考える企業が増えた印象です。

菊池氏
株式会社Shirofune 代表取締役 菊池満長氏

菊池:また、GoogleとFacebookの二大広告プラットフォームにだけ注力すればいいという風潮が終わり、プラットフォームの分散化が進んでいます。今後もこの流れが加速することを考えると、広告業務の運用工数は益々増え、デジタルエージェンシーの負担増が予想されます。

MZ:電通デジタルでは、2021年11月に広告運用自動化ツール「Shirofune」をテスト導入、2022年からは本格的に活用されていると伺いました。どのような狙いがあったのでしょうか?

岩崎:我々のグループでは、各案件と一つずつ向き合い、担当者の抱える課題を解決するような業務を行っています。2021年の秋頃、ある案件のメンバーから「レポート業務に大変負荷がかかっている」という課題を聞きました。

 解決方法を考えているときにたまたまShirofuneさんと話す機会があり、テスト導入したのが始まりです。2~3ヵ月テスト運用した結果、現場の反応も良く手ごたえを感じたため、徐々に他案件にも波及させ、社内での横展開と本格的な導入に至りました。

次のページ
データ統合やレポート作成の効率化で54%の業務削減を実現

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
エージェンシーに聞く、広告運用現場の改革最前線連載記事一覧
この記事の著者

坂本 陽平(サカモト ヨウヘイ)

理系ライター、インタビュアー。分析機器メーカー、国際物流、商社勤務を経てフリーランスに。ビジネス領域での実務経験を活かし、サイエンス、ODA、人事、転職、海外文化などのジャンルを中心に執筆活動中。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/02/20 10:00 https://markezine.jp/article/detail/41105

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング