SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ウェザーニューズ、一般参加型の地震の“揺れ”観測プロジェクトをスタート

 「Yure プロジェクト」(http://weathernews.jp/yure/)では、観測にあたって、揺れを計測する専用機器「Yure Station」を無償貸与し、自宅や企業、学校などに設置。全国から収集した揺れに関するデータを、ウェザーニュースのサイトでリアルタイム表示する。また、「地震の揺れがマンションの高さにどれだけ影響するか」、「電車通過の揺れが、どれだけ建物に影響するか」など、あらゆる“揺れ”について検証、数値化しデータベース化を行う。

“揺れ”に関するデータをリアルタイム表示

 プロジェクトに参加するには、ウェザーニューズの有料会員(月額315円)で、緊急地震速報アプリケーションが動作すること、常時接続可能(ブロードバンド)で、24時間ウェザーニューズにデータを送ることができるなどの条件がある。

基準値を上回る揺れを感知するとライトが参加者に知らせる

 ウェザーニューズは、6月17日から6月30日まで全国から参加者を200名を先行募集し、最終的にはプロジェクト全体で1000か所に設置する予定。今後頻繁に余震が発生する恐れがあると言われている岩手・宮城内陸地震の被災地に関して、専用機の設置を早急に行う準備を進めている。

【関連記事】
発改委:四川省地震のインフラ復旧には3年が必要
四川大地震:通信業界への直接経済損失、30億元に迫る
シリウス、「防災@nifty」に位置情報連動型モバイル広告の配信スタート
ウェザーニューズ、津波発生を携帯に知らせる 「津波メール」サービス開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング