SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第102号(2024年6月号)
特集「ブランドは気まぐれな消費者とどう向き合うべきか?」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

アジャイルマーケターの挑戦(AD)

創業から年平均400%成長。日本で急速に導入が進むBrazeのパートナーエコシステムとは

 2023年2月17日(金)、カスタマーエンゲージメントプラットフォームを提供するBrazeは、パートナー企業を対象にした「Braze パートナーサミット」を開催。新年度戦略の発表や「Braze Torchie Awards 2023」の授与、ネットワーキングなどを行った。本稿では、大いに盛り上がった当日の様子をレポートする。

急成長を続けるBrazeの提供価値とは

 「Braze パートナーサミット」は同社代表の菊地氏のスピーチから始まった。日本でサービスを開始した2020年11月からの2年間を振り返るとともに、今後の方針について語る。

Braze株式会社 代表取締役社長 菊地 真之氏
Braze株式会社 代表取締役社長 菊地 真之氏

 Brazeは日本国内のBtoCを中心に多彩な顧客を持つ数多くの企業に採用され、現在顧客数は50社を超える。成長率も2021年は前年比500%以上、2022年も前年比300%以上と堅調だ。Brazeにとって日本市場は成長率No.1であり、今後も注力するエリアだという。

 Brazeの目覚ましい成長に欠かせない存在が、増え続けるパートナー企業だ。Brazeのパートナーにはソリューションパートナーとテクノロジーパートナーの2軸がある。前者はシステムの移行や導入から、戦略的カスタマーエンゲージメントの継続サポートまで、END TO ENDで支援する。後者は顧客が利用中のテクノロジーとBrazeをシームレスに連携することで、カスタマーエクスペリエンス創出を支援する。

 菊地氏は続いて、日本におけるマーケティングトランスフォーメーションの遅れを指摘し、日本のマーケティングを変えるマーケティングトランスフォーメーションの推進は今後の日本市場における変革の鍵になると語る。

 では、Brazeは一体どのような価値を提供し、マーケティングを変えていくのか。菊地氏はその価値を「マーケティングにスピードを。テクノロジーをシンプルに、使いやすく」という言葉で表現する。

 「たとえばSQLやJavaScriptを知らなければ、ソリューションを使えない。そのような状態は改善すべきだと思っています。Brazeは、マーケターの方々が直感的に触って、自分たちが思いつく施策を思うままに実行できる、そのような基盤を、世界を提供していきたいと考えています」(菊地氏)

 パートナーとのアライアンスとBrazeの組み合わせで、日本のマーケティングを変えるレバーのような存在になれる。菊地氏は改めて決意を述べ「#ニッポンのマーケティングを変えよう Start Anywhere. Go Everywhere.」をスローガンとして掲げた。

マーケティング変革を共進するパートナー

 前述の通り、Brazeにとってパートナーとの連携が事業戦略の軸だ。では、Brazeのパートナーはどのような企業なのか。

 同イベントでは、Brazeの導入や活用支援、カスタマーサクセス、マーケティングなどの領域で、高いビジネス貢献と顧客のマーケティング変革を支援したパートナーを発表する「Braze Torchie Awards 2023」を日本で初開催した。ここからは、今後のマーケティング変革の鍵とも言える、受賞企業を紹介していきたい。

生活者発想を軸にビジネスを前進する博報堂

 共創活動を通じ革新的な成果を実現したパートナーに贈られる「Partner of the Year」は博報堂が受賞した。博報堂は同社の生活者発想によるコンサルティングサービスと、Brazeの最先端テクノロジーとを掛け合わせることで、生活者のニーズを捉えたCRMの実現を支援している。

株式会社博報堂 大谷俊裕氏
株式会社博報堂 大谷 俊裕氏

 また、本年、Brazeと共同でCCRM実態調査を共同で実施し、市場変化によってブランドと顧客とのコミュニケーションは転換期を迎えていること、カスタマーエンゲージメントの可能性を日本市場に広く訴求した。この取り組みは「#ニッポンのマーケティングを変えよう」というBrazeの想いを具現化する上で重要な役割を果たした。

 他にも、数多くのプロフェッショナル人材によるクリエイティブな発想と提案、そしてシステム導入や稼働に至るまで、Brazeの幅広いビジネスに大きく貢献し、カスタマーエンゲージメント市場の関係者に大きな影響をもたらす活動をしている点が評価された。

 「まだまだ貢献できる部分はたくさんあると思います。2023年はマーケティング活動やセールス活動、パートナーシップの拡大を含め、市場の活性化に向け、より貢献していきたいです」(大谷氏)

次のページ
新たな顧客体験の提案で変化をもたらすリロクラブ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
アジャイルマーケターの挑戦連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

和泉 ゆかり(イズミ ユカリ)

 IT企業にてWebマーケティング・人事業務に従事した後、独立。現在はビジネスパーソン向けの媒体で、ライティング・編集を手がける。得意領域は、テクノロジーや広告、働き方など。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/03/30 11:30 https://markezine.jp/article/detail/41498

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング