SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第102号(2024年6月号)
特集「ブランドは気まぐれな消費者とどう向き合うべきか?」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZine Day 2023 Spring(AD)

CTV広告の「成果計測・BLS・オンオフ統合」実現へ 急成長のTVerとセプテーニが語る業界最前線

 近年、動画市場で急成長しているコネクテッドテレビ。ユーザーの伸長とともに、広告市場としても盛り上がりを見せている。MarkeZine Day 2023 Springにおいて、この急成長市場で最注目のプラットフォーマーであるTVerと、同社のセールスパートナーのセプテーニは、実際の取り組み事例とコネクテッドテレビ広告の独自の強み、現在の課題感、新たなチャレンジなどを両社の視点から語った。

セプテーニがTVer広告の販売拡大 三つの理由とは?

 デジタルマーケティング事業を中心に展開するセプテーニは、電通グループとしての利点を生かした協業にも力を入れている。

 同社は、2021年からTVerと連携し、新商品の優先利用や情報の共同発信を行う「スペシャルパートナープログラム」の取り組みを開始し、強固な関係を築きながらTVer広告を推進してきた。

 セプテーニのグループ会社であるSepteni Japanにおいて、マーケティング戦略本部のメディア/プラットフォーム領域担当本部長の本間崇司氏は、まず、セプテーニがTVer広告の販売を順調に拡大できている背景について三点を説明した。

株式会社セプテーニ マーケティング戦略本部 メディア/プラットフォーム領域担当本部長 本間 崇司氏
Septeni Japan株式会社 マーケティング戦略本部 メディア/プラットフォーム領域担当本部長 本間 崇司氏

 一つ目は、TVerのベータ版リリース時から広告販売に継続的に取り組んできたことだ

 「当社は元々ダイレクトレスポンスマーケティングを強みにしてきました。ですが、徐々にデジタル領域に拡張していく中で、TVerの重要性に気づき、2019年頃から取り組みをスタートしています」(本間氏)

 二つ目は、インストリーム動画領域の専門性を持つこと。デジタル領域への拡張に合わせ、YouTubeやABEMAなどの他動画プラットフォームを含めて強化してきたという。

 三つ目は、DSP領域の専門性も持ち合わせていることだ。ダイレクトレスポンスマーケティングで培ったDSPへの知見を掛け合わせて、TVer広告のプログラマティックな機能面に生かしている。

月間2,700万UBを突破したTVer 強みはターゲティングの正確さ

 続いて、TVer執行役員 広告事業本部長の古田和俊氏が、改めてTVerの概要について説明した。古田氏は、2002年にフジテレビに入社し、地上波の営業からデジタルの部署を経て2020年7月にTVerに出向。プロジェクト立ち上げ当初からセプテーニとの連携を進めてきた。

株式会社TVer 執行役員 広告事業本部長 古田 和俊氏
株式会社TVer 執行役員 広告事業本部長 古田 和俊氏

 TVerは、民放テレビ局650番組以上のコンテンツが、すべて無料でオンデマンド視聴できるプラットフォーム。アプリのダウンロード数は5,500万人、認知率は68.5%とユーザー数を着実に伸ばしている。

 さらに、2023年1月のMUB(月間ユニークブラウザ数)は過去最高の2,700万を記録。TVer広告の売上推移を見ても、2020年4月と比較して2022年3月には20倍近くまで伸長。

 「TVerの一番の強みはファーストパーティーデータの精度です。サービスを使用開始する際に、ユーザー様には生年月、性別、郵便番号をアンケートとしてお答えいただいています。弊社ではこちらのデータをベースにターゲティングをしておりますが、これがビデオリサーチさんのパネルと突き合わせたところ、正解率が93.7%と非常に正確な結果になりました。このような高い精度でデモグラフィックターゲティングを実現している点は強みだと考えております」

「TVer広告」のターゲティング精度
「TVer広告」のターゲティング精度

 TVerの特徴は他にもある。コネクテッドテレビ(以下、CTV)でのターゲティングができる点、高い視聴完了率、そして違和感なく広告が受け入れられる点だ。

 視聴完了率については、広告自体がそもそもスキップできないとはいえ、60秒CMで93.4%、15秒CMでは96%が最後まで視聴されている。さらに特徴的なのが、「音あり」で最後まで見られている割合が高いという点だ。そもそもテレビコンテンツ自体が、広告が入る前提で作られている。そのため、CMに対してユーザーが違和感を抱きにくくなるという特徴も挙がる。

 加えて古田氏は、安心して視聴できる点をTVerの魅力として挙げる。CM・コンテンツ共に、放送基準での審査を行っているため、青少年に不適切な表現が含まれていると感じる人は無料動画投稿サイトと比較してもかなり少ないという。

 こうした面から、TVer広告は成果実績も好調だ。2021年度のブランドリフトサーベイ(以下、BLS)の平均値では、広告の非接触者を100%として比較した広告接触者のリフト率において、サービス認知で133%、広告認知で228%という結果を示している。

次のページ
CTVでTVer広告が急成長 独自の強みは高い共視聴率

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
MarkeZine Day 2023 Spring連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

落合 真彩(オチアイ マアヤ)

教育系企業を経て、2016年よりフリーランスのライターに。Webメディアから紙書籍まで媒体問わず、マーケティング、広報、テクノロジー、経営者インタビューなど、ビジネス領域を中心に幅広く執筆。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

提供:Septeni Japan株式会社

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/05/08 10:00 https://markezine.jp/article/detail/41855

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング