SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第100号(2024年4月号)
特集「24社に聞く、経営構想におけるマーケティング」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

impactTV、サイネージの設置状況や周辺の通行料を可視化するサービスの提供を開始

 インパクトホールディングスの完全子会社で、デジタルサイネージを中心としたIoT/ICT製品の提供を行っているimpactTVは、「biit(ビート)」の提供を開始した。同サービスは、ビーコンを活用しサイネージの設置・稼働状況を可視化する。

 同社のビーコン搭載サイネージをunerryが運営するリアル行動データプラットフォーム「Beacon Bank」に登録することで、ユーザーは同サービスを利用できる。オフライン型のサイネージも一元管理が可能だ。

クリックして拡大

 具体的には、登録しているサイネージ総台数およびアクティブに稼働している台数を把握できる。また稼働店舗やエリアを特定することで、サイネージ設置場所の最適化を図れる。さらにサイネージに搭載されたビーコンに反応したユーザー規模指数を取得し、サイネージ周辺の通行量を可視化することが可能だ。

【関連記事】
unerryとimpactTV、スマホアプリを検知し動画を表示するサイネージサービスを開発
デジタルサイネージで棚前の消費者行動データを分析 RJCリサーチとimpactTVが新サービスを開始
unerryとimpactTVが業務提携 「来棚効果がみえる販促広告:タナクル」を提供開始
unerry、小売店舗のショッパー・商圏分析ツール「ショッパーみえーる」をフルリニューアル
シスコとunerry、人流ビッグデータでショッパーの可視化やデジタル集客が可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/04/14 11:45 https://markezine.jp/article/detail/41966

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング