SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第102号(2024年6月号)
特集「ブランドは気まぐれな消費者とどう向き合うべきか?」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂DYMP、AaaSにてオフライン購買データの連携を開始 オン/オフ同一で購買データの連携が可能

 博報堂DYメディアパートナーズは、広告主の広告効果最適化を通して事業成長に貢献する次世代型モデル「AaaS(Advertising as a Service)」において、オフライン購買データの連携の開始を発表した。

 同連携により、テレビとデジタルの双方に対して、同一の購買データソースを元に連携活用が可能となり、テレビとデジタルで同一の購買セグメントを起点にプラニング・ターゲティング・効果検証が実現する。

画像を説明するテキストなくても可
「オフライン購買データ」のAaaSへの連携

 具体的には、オフライン購買データと、デジタル領域のプラットフォーマーが提供するデータクリーンルームを活用した分析ソリューション、テレビ視聴データなどを組み合わせ、購買ファネルをKPIとしたプラニングから効果検証まで統合的なソリューション提供ができる。また、自社だけでなく競合他社との比較分析が可能なサービスの提供も行う。

【関連記事】
博報堂DYMP、「TV AaaS Lab」を設立 テレビ全体のビジネスアップデートを目指す
博報堂DYHDら3社、アジアのクロスボーダーマーケティング支援を開発 第一弾は中国が対象
博報堂DYHDと中国の検索プラットフォーム「美団」の広告部門がパートナーシップを締結
HameeとKoeerü、オン/オフラインで顧客の声を可視化するプラットフォームの実証実験を開始
来店登録したユーザーのオフライン購買をSPUの対象に 楽天がファッション通販サイトでOMO施策を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/05/08 08:30 https://markezine.jp/article/detail/42153

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング