MarkeZine(マーケジン)

記事種別

オリンピック番組を10倍楽しむ新機能満載、ソニーの「テレビ接続型PC」

2008/06/25 15:00

 ソニーは、番組を録る・観る・残すだけでなく、番組の盛り上がりを視覚的に表示してダイジェスト再生したり、インターネットから情報収集することもできる“まるい”テレビ接続型パソコンを7月に発売する。

 ソニーは、VAIOの「Extension Line by VAIO」の新製品として、小型の地上デジタル放送ダブルチューナーとテレビ録画・視聴ソフトウェアを搭載したテレビ接続型パソコン“テレビサイドPC「TP1」”を7月5日に発売する。

VGX-TP1DQ/B(左)とVCX-TP1D
上位モデルは、ブルーレイディスクドライブを内蔵

 「テレビに接続して楽しむ」という使い方を提案するこのパソコンは、地デジ放送を楽しみながら、リモコンやキーボードを使った場面選択や番組情報とインターネットを連携させた情報収集などを行うことができる。キーワードを入力すると、電子番組表(EPG)を使って自動的に録画したり、番組名で追跡することによって再放送のドラマなど不定期に放送される番組の録画も可能。

 また、シーンごとにサムネイルを自動作成し、再生画面下部にフィルムのように並べて表示する「フィルムロール」機能や、録画番組の音声変化量を分析し、音声レベルの高い部分を番組の盛り上がり部分と判断してダイジェストシーンを連続再生する機能もある。

画面下に表示された「フィルムロール」
画面下部に音声の盛り上がりを視覚的に表示

 もちろん「ダビング10」に対応予定で、ディスクやメモリーカードへの番組の書き出しが可能。「モバイル書き出し」機能を使ってメモリースティックやSDメモリーカードに書き出せば、PSPやワンセグ対応携帯電話で番組を視聴することもできる。そのほかにも、番組で紹介された店舗や商品の情報をインターネットから入手して見やすく表示する“カタログビュー”などの機能も完備している。

 そのほかにもベンリな機能満載のテレビサイドPCの市場推定価格は、標準仕様(店頭販売モデル)、「VGX-TP1DQ/B」が200,000円前後、「VGX-TP1D」が150,000円前後。

【関連記事】
ネットとテレビの新しいトビラを開く、フルハイビジョンTV向けコンテンツ「Yahoo! JAPAN for AQUOS」
IPGとヤフー、「Yahoo!テレビ」で番組情報サービスを共同で提供
ポケットにiPod、その次はテレビの横に「Apple TV」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る


All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5