SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

高校生に人気のミュージシャン、3年連続「YOASOBI」が1位に【LINEリサーチ調査】

 LINEリサーチは、高校生を対象に音楽について意識調査を実施した。

8割以上の高校生が週に4日以上音楽を聴く

 まず、音楽を聴いている頻度を調べた。すると「ほぼ毎日聴く」と回答した人の割合は全体の77%となり、2022年の調査よりもやや高くなった。特に週に4日以上(「ほぼ毎日聴く」「週4~5日聴く」の合計)と答えた高校生は、全体で86%にのぼった。一方「音楽はまったく聴かない」は全体でわずか1%となった。

クリックして拡大

 男女別に見ると、女性は約8割が「ほぼ毎日聴く」と答え、男性よりも高い結果となった。

音楽を聴く方法は「動画サイトで無料視聴」

 次に、音楽を聴く方法について尋ねた。その結果、全体のトップは7割超で「動画サイト(YouTubeなど)で無料視聴する」に。2位は約5割で「音楽配信サービスで、無料で聴く」がランクインし、3位以降は「CDを買う」「音楽配信サービスで、定額(有料)で聴き放題」「テレビ(音楽番組など)で聴く」が続いた。

 2021年の調査と比べると、「CDを買う」と答えた人の割合は女性が7ポイント、男性が9ポイント減少。「音楽をダウンロード購入」も女性6ポイント、男性8ポイントの減少が見られた。一方「音楽配信サービスで、無料で聴く」は2021年と比較してやや増加しており、「音楽配信サービスで、定額(有料)で聴き放題」はほぼ同じ割合だった。

クリックして拡大

 男女別では、ともに「動画サイト(YouTubeなど)で無料視聴する」が1位だが、割合は女性(75%)が男性(67%)よりも高くなった。

新しい音楽やアーティストを探す方法は「YouTube」

 続いて、新しい音楽・アーティストを探す方法を調査した。1位は「YouTube(アーティストなどの公式チャンネル除く)」という結果に。2位以降は「アニメ」「まわりの人(家族、友だち、知り合いなど)からの話」「テレビ番組」「音楽配信サービス」「TikTokの投稿」が続いた。

 男女別に見ると「YouTube(アーティストなどの公式チャンネル除く)」がともに50%を超え、1位になった。女性は2位に「テレビ番組(43.4%)」、3位に「TikTokの投稿(42.5%)」がランクイン。男性は2位に「アニメ(39.8%)」3位には「音楽配信サービス(32.0%)」が入った。

クリックして拡大

好きなミュージシャン、3年連続で「YOASOBI」が1位に

 最後に、J-POP/K-POPを中心に国内の音楽チャートからピックアップした中で好きなミュージシャン・アーティストを尋ねた。すると、全体のトップは2021年、2022年に続き「YOASOBI」に。2位以降は「米津玄師」「Official髭男dism」がランクインした。

 男女別では、女性の1位は「back number(31.2%)」となり、2位以降は「Mrs.GREEN APPLE(31.1%)」「YOASOBI(31.0%)」が続いた。男性は「YOASOBI(38.0%)」がトップになり、2位に「米津玄師(36.3%)」、3位には「Official髭男dism(30.6%)」と、全体のランキングと同じ顔ぶれだった。

クリックして拡大
クリックして拡大

【調査概要】
調査方法:LINEユーザーを対象にしたスマートフォンWeb調査
調査対象:日本全国の高校1年生~3年生の男女
実施時期:2023年5月17日(水)~5月18日(木)
有効回収数:987サンプル

【関連記事】
ChatGPTの認知度、3ヵ月で40ポイント以上増加/若年男性に高い利用意向【LINEリサーチ調査】
Z世代が選ぶインフルエンサー、1位はHIKAKIN/nanakoななこが躍進【LINEリサーチ調査】
高校生のドラマ視聴、テレビ放送とTVerが上位に/橋本環奈、浜辺美波に注目【LINEリサーチ調査】
高校生が好きなお笑い芸人、1位はサンドウィッチマン/ブレイク予想はさや香【LINEリサーチ調査】
2022年下期の若者トレンド、男性は「ワールドカップ」/女性は「silent」【LINEリサーチ】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/07/03 17:30 https://markezine.jp/article/detail/42557

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング