SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

D2C、ドコモの第三者提供データを活用し各種主要広告プラットフォームでの広告配信を開始

 D2Cは、NTTドコモ(以下、ドコモ)から第三者提供に同意されたユーザーデータ(広告識別子・属性情報・位置情報・行動履歴など)の提供を受け、ドコモが運営するポータルサイト、ニュースアプリ、メールアプリなどのドコモメディア以外の各種主要広告プラットフォームでの広告配信を開始した。

新たな広告配信の概要

 これまでD2Cはドコモが運営する媒体を中心とした広告枠へ配信する「docomo Ad Network(以下、dADNW)」や「メッセージS」などの広告商品をドコモとともに開発・販売を行ってきた。

 dADNWは、ドコモが保有する約9,500万人の会員基盤上で得られたデータを様々な形で広告・マーケティングソリューションに組み合わせることで、多様な配信プラットフォームと連携し広告を掲載するサービス。

 今回、新たにドコモとのデータライセンス契約を締結することで、主要広告プラットフォームにおいてドコモのユーザーデータを活用し、様々なプラットフォームでの配信が可能になる。

 具体的には、dADNWのアフィニティカテゴリなどで好評のdポイントクラブ会員の属性・行動・興味関心データを用いた正確性の高いターゲティング配信を、ドコモメディア以外の各広告プラットフォームで利用が可能。広告主のニーズに合わせて動画広告やソーシャルメディアへの広告配信など、新たな接点や配信クリエイティブによる訴求ができるためさらなる広告効果が期待できる。

【関連記事】
D2Cが「docomo Ad Network +L」を発売 広告配信先をドコモメディア以外に拡大
D2C RとPitPa、音声を活用したプロモーション領域の支援を業務提携で強化
SMNとD2C、広告配信技術で連携 docomo Ad Networkにおいて配信先の拡張へ
D2C、約9,100万人のドコモ会員基盤を活用した広告配信・分析サービスを提供開始
Vieurekaとドコモ・インサイトマーケティング、来店者と商圏データの統合分析による実証実験を実施

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/07/20 14:00 https://markezine.jp/article/detail/42816

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング