SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(AD)

あらゆる業界の売上、CV増に貢献!LINE×Criteoが実現する新次元のレコメンド

 CriteoはLINEヤフーによる協力のもと、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(以下、DAC)、電通デジタル、Micoworksの3社それぞれと協業で「レコメンデーション メッセージ for LINE公式アカウント Powered by CRITEO」を開発、実証実験を経て2023年6月にβ版を発表した。本記事では、本ソリューションに携わった5社にソリューションの詳細や各社の事業戦略、その戦略における今回のソリューションの位置付け、今後の展望を聞いた。

LINE×Criteoで高度なレコメンドを実現

MarkeZine編集部(以下、MZ):まずは、「レコメンデーション メッセージ for LINE公式アカウント Powered by CRITEO(以下、本ソリューション)」の概要を教えてください。

蓑輪:本ソリューションはCriteoの高度なAI技術と、Criteoが所有する膨大な購買データを活用してLINE公式アカウントのユーザーの興味関心を分析、ユーザーごとにパーソナライズされた最適なレコメンデーションメッセージを配信して、ユーザーとのエンゲージメント強化をサポートするソリューションです。これは、Criteoとしてグローバルで初めてとなる試みであり、今回のために日本で初めて技術提供しました。

レコメンデーション メッセージ for LINE公式アカウント Powered by CRITEOのサービスイメージ
レコメンデーション メッセージ for LINE公式アカウント Powered by CRITEOのサービスイメージ

蓑輪:LINE公式アカウントに加えて本ソリューションを活用することで、企業やブランドはセールやキャンペーンの情報だけでなく、ユーザー一人ひとりの興味関心に合わせてパーソナライズされた商品情報を届けることができるようになります。

 CRITEO株式会社 セールスディレクター 蓑輪 誠一 氏
CRITEO株式会社 セールスディレクター 蓑輪 誠一氏

MZ:このソリューションはどのような経緯で開発されたのでしょうか?

宮本:LINE公式アカウントの「友だち」が、企業が保有する会員情報とLINEのユーザーID連携を行うことで、企業側とLINE側の両方のユーザーのデータを使ってパーソナライズした情報の配信が可能になります。しかし、すべてのユーザーがID連携をしてくれるわけではないため、非ID連携のユーザーに対してはパーソナライズした情報を配信できず、せっかくの「友だち」関係を上手くコンバージョンにつなげられないことが課題となっていました。

 その中で、Criteoの方々と意見交換したところ「CriteoのデータとLINEのユーザーIDをマッチングすれば、非ID連携ユーザーにもパーソナライズ配信ができるんじゃないか」というアイデアが生まれたんです。実現すればCookieを使わずにユーザーリストベースでコミュニケーションができ、広告商品としても大きなニーズが見込めると判断し、開発をスタートすることになりました。

LINEヤフー株式会社 マーケティング ソリューションカンパニー ビジネスPF統括本部 ビジネスソリューション開発本部 本部長 宮本 裕樹氏
LINEヤフー株式会社 マーケティング ソリューションカンパニー ビジネスPF統括本部 ビジネスソリューション開発本部 本部長 宮本 裕樹氏

蓑輪:開発に当たっては、いくつかの企業にお声がけし、ソリューションの趣旨に共感してくれたLINEテクノロジーパートナー(コミュニケーション部門)(以下、テクノロジーパートナー)の電通デジタルデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(以下、DAC)Micoworksの3社にご協力いただくことになりました。現在、本ソリューションβ版の販売もこの3社によって行われています。

電通デジタルが本ソリューションで目指す「マイルドCRM」とは?

MZ:テクノロジーパートナーの3社に、本ソリューションのどのような点に魅力を感じているか、貴社のビジネス戦略において本ソリューションをどのように位置付けているか聞いていきます。まず、電通デジタルの杉浦さんからお願いします。

株式会社電通デジタル 副社長執行役員 杉浦 友彦 氏
株式会社電通デジタル 副社長執行役員 杉浦 友彦氏

杉浦:電通デジタルは「マーケティングの力でクライアント企業の事業成長をドライブすること」をミッションに掲げています。このミッション達成に欠かせない施策の一つがCRMですが、近年、マスに近いオーディエンスに配信するフロー型の広告投資と比較して、企業が一人ひとりの顧客と向き合い、より快適な体験を提供する「ストック型」のCRMが重視されるようになっています。しかし、ストック型のCRMはどうしても縮小均衡になる傾向があって、数は取れません。一方フロー型の場合、数は取れるけれども無駄打ちも多いというデメリットがあります。

 そこで電通デジタルが提唱しているのは、フロー型の広告とストック型のCRMの中間くらいの関係性を目指す「マイルドCRM」です。簡単に言うと「顧客とゆるやかにつながって、顧客が喜ぶ情報を提供し、ちょっとずつ好きになってもらう」戦略なのですが、これに欠かせないツールがLINEです。というのも、「LINEのユーザーID連携まではしないけど、『友だち』としてゆるくつながっている層」こそが、マイルドCRMの主なターゲットだからです。

 ただ、この層はリッチなデータが集まりにくく、なかなか上手くアプローチできない状況が続いていました。そんな中でCriteoから提案されたのが本ソリューションの共同開発です。ID連携の有無に関わらずオプトインをしたユーザーにパーソナライズした情報を配信できる本ソリューションは、画期的なソリューションになり得ると確信し、参画を決めました。

 当社はLINEヤフーパートナープログラムのテクノロジーパートナーとして、顧客体験をリッチ化するメッセージング管理ソリューション「TONARIWA」を長年多くのお客様に提供してきたので、プライバシーに配慮したテクノロジーの実装や、お客様への価値提供についても、クリアなイメージが湧きました。

パソナ、ゼビオの「レコメンデーション メッセージ for LINE公式アカウント Powered by CRITEO」事例が1つの資料に!

 今回の記事でも紹介されている人材大手のパソナ、スポーツ用品大手のゼビオの事例に関する資料を現在無料で配布中!記事では掲載されていない内容も含まれているので、「より詳しい事例が知りたい」「『レコメンデーション メッセージ for LINE公式アカウント Powered by CRITEO』に興味が出てきた」という方はぜひ以下のリンクよりご覧ください!

Criteo事例集 レコメンデーションメッセージ for LINE公式アカウント Powered by CRITEO

次のページ
広告主のEC売上向上を加速する強力な「武器」に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

提供:CRITEO株式会社

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/10/17 17:19 https://markezine.jp/article/detail/43263

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング