SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第97号(2024年1月号)
特集「2024年の消費者インサイト」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

探訪!時代をとらえ、成果につなげるテレビ活用術(AD)

スシローのテレビCMが目を引くのはなぜか?REVISIOの注視データを活用し、深層心理を探る姿勢

 回転すしの「スシロー」などを展開するFOOD&LIFE COMPANIESは、テレビCMのクリエイティブ改善とインサイトの深掘りにREVISIO(リビジオ)の「Telescope(テレスコープ)」を活用している。当初はデータのリアルタイム性に期待していたが、アナリストによる知見の提供も大いに役立ち、「誰目線で、何を届けられているか」活発な議論ができているという。取り組みの詳細をFOOD&LIFE COMPANIESマーケティングリサーチ部長 和田 貴子氏とREVISIOの若林 小夏氏に聞いた。

蓄積認知ツールのテレビCM、顧客の声を聞くことが重要

――最初に、お二人の担当業務について教えてください。

和田:私たちFOOD & LIFE COMPANIESは外食産業において、3つの柱を持っています。1つは回転すしブランドの「スシロー」。もう1つは京樽グループで、ここでは回転寿司の「みさき」とお持ち帰り専用の「京樽」などを展開しています。そして傘下のFOOD & LIFE INNOVATIONでは「杉玉」という大衆寿司居酒屋ブランドを経営しています。

 私が所属するマーケティングリサーチ部は市場予測のほか、自社データや外部データを活用したマーケティング戦略の立案や分析などを行っています。

株式会社FOOD&LIFE COMPANIES マーケティングリサーチ部長 和田 貴子氏(所属は2023年9月時点のものです)
株式会社FOOD&LIFE COMPANIES マーケティングリサーチ部長 和田 貴子氏(※所属は2023年9月時点)

若林:REVISIOは、一般視聴者様のご自宅にあるテレビの上に人体認識センサーを設置し、実際に視聴されたデータを収集・分析している企業です。従来の視聴率はテレビのオン・オフで見ているかいないのかを測っていましたが、REVISIOでは実際にセンサーを置くことで、地上波/MX/BSで流されたCMを視聴者が本当に見ていたかどうかという注視データを計測していることが特徴です。

 私が所属するセールスチームでは広告主の企業様とコミュニケーションを取り、各企業さまの課題に沿ってデータの提供を行っています。FOOD & LIFE COMPANIES様とは、主にクリエイティブ素材の分析をご一緒しています。たとえば、1秒ごとの視聴データをご提供し、意図した部分を視聴者は本当に見ていたかどうか、ターゲットとしている層が視聴しているのかどうかを分析してご報告しています。

REVISIO株式会社 アカウントエグゼクティブ 若林 小夏氏
REVISIO株式会社 アカウントエグゼクティブ 若林 小夏氏

――FOOD & LIFE COMPANIESさんは主にスシローブランドでテレビCMを展開されています。御社のマーケティング戦略におけるテレビCMの位置付けと、テレビマーケティングに対する姿勢や方針をうかがえますか。

和田:テレビCMの位置付けは、認知と残存蓄積効果を期待して、広く私たちのキャンペーンを知っていただくためのものです。それにはもちろんスシローというブランドや回転寿司について知っていただいていることが前提になります。ありがたいことにスシローブランドは非常に高い認知をいただいているので、高い認知をベースにテレビCMを通してキャンペーンを知っていただけるよう取り組んでいます。

 そしてテレビマーケティングについてですが、あえて言ってしまうと、テレビはコンバージョンの効果を数値として見ることはできません。一方、蓄積効果の役割として、継続的に幅広い世代にリーチできるタッチポイントとして活用しています。しかし当然、作りっぱなしで良いわけがありませんので、REVISIOさんのデータを見て「どこが消費者に認識、受容されたか」を把握し、お客さまの動向や需要を持続的に見ています。

 また当社は外食産業です。美味しいものを提供し、ご満足いただくには、やはりお客さまの声に対して真摯に耳を傾けることが大事だと考えています。CM視聴の質やクリエイティブの捉えられ方について、コストをかけて調査するのもそのためです。

――FOOD & LIFE COMPANIESさんでは、REVISIOさんの「Telescope」を活用しているそうですが、これはどのようなソリューションですか?

若林:Telescopeは、テレビCMのメディアプランニングも、クリエイティブも、評価と改善をこれひとつで簡単に見られるWebツールです。

 テレビCMの広告効果といえば、従来はアンケートベースの意識調査であったり、強制的に視聴していただいて調査を行ったりというやり方が一般的でしたが、Telescopeは実際に地上波で流れているCMを見ている瞬間のデータを取得するので、リアルな視聴結果がわかります。これにより、出稿時にしっかりターゲット層に届いていたのかが把握できるので、振り返りから次のプランニングまで一気通貫で戦略を立てることができます。

 視聴データは最短2日後にユーザー企業様のお手元で確認できます。またFOOD & LIFE COMPANIESさまの場合は、当社のアナリストやデータサイエンティストが追加でレポートを提出しています。

Telescopeのイメージ画像です

客観的でリアルタイムなデータを求めて

――FOOD & LIFE COMPANIESさんがテレビCMの効果測定ツールを導入するに至った背景や課題をうかがえますか?

和田:外食産業の中でも、回転寿司がテレビCMに注力し始めたのは2000年代のことだと記憶しています。当時、私たちはデータで成果を見ることよりも、とにかくキャンペーンを打ってスシローのことを知ってもらうことと、回転寿司の品質は本当に素晴らしく美味しいものであることを訴求するほうを優先していました。

 そのため当初はテレビCMに関するデータがほとんどなく、成果は店長さんに現場の肌感覚で共有してもらっていました。まだ店舗数も少なく、社内での情報共有だけで十分だった側面もあります。

 しかし現在は店舗数も600店を超え、カバーするエリアも広くなり、ありがたいことにお客さまも大変多くなってきました。その中で、きちんとデータを確認して客観的にマーケティングを進めていきたいという課題が出てきたのです。

 もちろん広告会社さんからいだたくレポートはあります。しかし広告会社さんのレポートは、自社が提供したサービスのパフォーマンスを確認するものなので、客観的な改善点や課題への言及はされにくく、実施からのタイムラグも発生します。そうではなく、お客さまの視点をリアルタイムで把握したいと考えていました。

――パートナーにREVISIOさんを選ばれたのは何故ですか?

和田:確かに、類似のサービスを展開している企業は他にもあります。ですがREVISIOさんは米国での実績があり、その上で日本市場を開拓してきたという信頼感もありますし、そんな時に当社とうまく出会いがあって、今日に至っています。

次のページ
アナリストとともに、データの裏側にあるロジックを読み解く

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
探訪!時代をとらえ、成果につなげるテレビ活用術連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

岩崎 史絵(イワサキ シエ)

リックテレコム、アットマーク・アイティ(現ITmedia)の編集記者を経てフリーに。最近はマーケティング分野の取材・執筆のほか、一般企業のオウンドメディア企画・編集やPR/広報支援なども行っている。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

提供:REVISIO株式社

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/01/22 20:00 https://markezine.jp/article/detail/43597

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング