SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第97号(2024年1月号)
特集「2024年の消費者インサイト」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

企業のLINE、登録理由はクーポンが6割/コンテンツ閲覧割合が高いのはメルマガ【ライトアップら調査】

 ライトアップとユミルリンクは、メールマガジンおよびLINEに関する共同調査を実施した。以下、一部内容を紹介する。

登録のきっかけはLINE・メルマガいずれも「クーポン」

 まず登録のきっかけを尋ねると、「クーポンがもらえるから」という理由がメールマガジン(57.8%)・LINE(60.5%)ともに1位に。LINEのほうがよりクーポン利用を目的としている人の割合が多かった。

 またメールマガジンは、情報収集を目的とした登録理由がどれもLINEより高い結果となった。

クリックして拡大

 次に、メッセージを受け取った後の行動を調査。メールマガジンは「Webで購入・申し込み(45.7%)」「Webでクーポンを利用する(48.6%)」が上位に。一方、LINEは「Webでクーポンを利用する(45.7%)」が1位となり、「WebやSNSで検索する(37.5%)」が続いた。

クリックして拡大

テキスト・画像・動画、いずれも見る割合が高いのはメルマガ

 続いて、メールマガジンとLINEのそれぞれでテキスト・画像・動画をどの程度見ているかを尋ねた。結果、「すべて見る」「気になった情報だけ見る」と回答した割合の合計はテキスト・画像・動画いずれもメールマガジンが高かった。画像の「すべて見る」を選択した割合のみ、LINEのほうが高い結果だった。

クリックして拡大

 最後に、配信停止(ミュート・ブロック)のタイミングについて質問した。すると、メールマガジン・LINEともに「興味のない情報」が1位だった。

 LINEをブロックする理由の2位には「登録した覚えがないアカウントからメッセージが届いた時」が入った。またメールマガジンは「配信頻度が多いと感じた時」が2位となった。

クリックして拡大
クリックして拡大

【調査概要】
調査方法:インターネットリサーチ
調査対象:全国20歳以上の男女で企業やブランド、店舗などのメールマガジン/LINE公式アカウントを登録している人
有効回答数:1,110人
調査期間:2023年8月25日(金)~8月28日(月)

【関連記事】
ユミルリンクの「Cuenote Survey」がGoogleタグマネージャーに対応 タグ管理を効率化
ユミルリンク、行政によるSMS送信が可能な「Cuenote SMS for LGWAN」提供開始
メルマガ購読は1分以内/4割が消費行動のきっかけに【ユミルリンク・ライトアップ共同調査】
ユミルリンク、Webアンケート・フォームシステムにLP一体型フォームをの作成機能を追加
ユミルリンク、メール配信システムCuenote FCのマイページ機能をリニューアル

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/11/06 11:15 https://markezine.jp/article/detail/43728

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング