SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第97号(2024年1月号)
特集「2024年の消費者インサイト」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通、統合メディアプランニングの支援ツールを機能拡充 コネクテッドTV・DOOHの出稿最適化が可能に

 電通は、テレビ×デジタル広告の統合メディアプランの作成や予測を行う支援ツール「クロスメディア・プランナー(以下、CMP)」において、コネクテッドTVに特化した機能の提供を開始した。これにより、テレビデバイス(受像機)内のコネクテッドTVと地上波テレビCMとの最適な出稿プラン作成が可能となる。

 同機能の追加により、CMPの搭載メニューはTVer・YouTube・地上波テレビCMの3つに。今後も、順次拡張する予定だ。

 同時に、LIVE BOARDのデジタルOOH媒体もメニューに追加。テレビ×デジタル×DOOHのメディアプランのシミュレーションを行えるようになった。LIVE BOARD協力のもと各種データを作成し、ビジネスパーソンやZ世代などニーズの高い配信先のユーザーを選択できる。

 また屋外デジタルサイネージ広告だけでなく、電車内サイネージへの出稿の有無も選択が可能だ。

【関連記事】
電通ら、IPやキャラクターにChatGPTを活用したロボット「CHABOT」のサービスを開始
電通、購買タイミングを適切に捉えた運用型テレビ広告「トリガー広告」の推進を加速
TBS・電通・博報堂DYMP、テレビ広告運用のPoCを開始 CM素材の前日差し替えでリードタイム短縮
電通、新聞折込チラシの来店効果を可視化 デジタル広告と同指標での比較が可能に
電通、「電通メッセージング・パートナーズ」を発足 経営の中核となるメッセージの開発・発信を支援

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/11/09 16:45 https://markezine.jp/article/detail/44072

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング