SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

note、AI領域における新事業に取り組む子会社、note AI creative株式会社を設立

 11月22日、noteは、100%子会社として、「note AI creative」の設立を発表した。

 note AI creativeでは、「AIによる創作のバリューチェーンの革新」をコンセプトに、AI領域における事業展開を目指す。

 具体的には、大規模言語モデルなどを活用したコンテンツ分類、モデレーション、リコメンドなどのメディア運営にまつわる基盤システムや、創作をサポートするツール群、業務効率化にまつわるツール群の開発を行う。

 これにより、noteにおける開発スピードが加速しユーザー体験向上が期待できる。加えて、外部へのサービス提供も視野に入れ、AI領域における新たな事業展開に取り組む。

【関連記事】
2日間の集中講座でWebマーケターのベースを作る、9人のプロから学ぶ基礎講座【12月開催】
note、Adobe Expressと連携 AIによって文章から見出し画像を生成できる機能をリリース
noteと博報堂、noteを活用した企業向け新ブランディングサービスの提供を開始
富士通、toBeマーケティングを完全子会社化 新たな注力領域としてマーケティングの強化を目指す
グリーの子会社アウモ、BtoB事業者向けにマーケティング支援サービスを開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/11/24 08:00 https://markezine.jp/article/detail/44204

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング