SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ビーツとグランドデザイン、消費者の声を活用したリテールメディア事業のPoCを開始

 10月に業務提携契約を締結した、ビーツとグランドデザインの両社は、12月7日、ビーツの「クラモニ」とグランドデザインの「Gotcha!SHELF(ガッチャ!シェルフ)」を連携したリテールメディア「クラモニforガッチャ!シェルフ」のPoC(概念検証)開始を発表した。

 クラモニは、デジタルサイネージの画面を、遠隔で切り替えができるクラウドサイネージシステム。全国数百台のサイネージ画面の一斉に切り替えや、店舗ごとの個別切り替えが可能。一方、Gotcha!SHELFは、スマートフォンでAIがユーザーの好みや悩みに合わせて商品棚を生成するショッピングプラットフォーム。各消費者が実体験に基づいたおすすめ商品をPOP形式で紹介する機能「みんなのPOP」を基に商品棚がスマートフォン上にまとめられる。

 今回PoCを開始するクラモニforガッチャ!シェルフは、ガッチャ!シェルフで集められた「みんなのPOP」を店頭のサイネージに生成する販促サービス。

クラモニforガッチャ!シェルフのサービス概要

 両社は今後、同サービスを、消費者の声を基に商品をおすすめするリテールメディアとして活用を図る。これにより、小売企業の新たな収益源かつ、メーカー企業の消費者の声を活用した販促策としてサービスの拡大を目指す。

【関連記事】
マルイウェブチャネルにZETAのリテールメディア広告エンジン「ZETA AD」が導入
LMI、広告主・リテール・消費者の3社すべてにメリットを与える新たなリテールメディアの提供を開始 
Moloco、リテールメディア向けソリューションの提供を日本市場に拡大 事業進出を加速へ
TOPPAN、ユーザーの曖昧な感覚をもとに商品をレコメンドできる診断型サイネージの提供を開始
フリークアウトとフェズ、リテールメディアサービス「ストアギークサイネージ」の提供を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/12/11 08:00 https://markezine.jp/article/detail/44337

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング