SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

東大松尾研発AIスタートアップのAlmondo、iU 江端浩人教授が顧問に就任

 東大松尾研発AIスタートアップのAlmondoは、12月11日、情報経営イノベーション専門職大学(以下、iU)の教授を務める江端浩人氏が顧問に就任したことを発表した。

 松尾研発スタートアップとは、東京大学松尾研究室(以下、松尾研)の出身者が創業または松尾研の支援を受け創業された企業の内、技術・事業力共に成長可能性が認められ、かつ松尾研の理念に共感し共に後進の育成に取り組む、選抜されたスタートアップ企業群のこと。

 Almondoは、ChatGPTを始めとする大規模モデルの事業活用や、オープンAPIのみでは実現困難なビジネス的な価値のあるソリューション開発を、多数の企業とともに実施している。

  
MAIDX LLC 代表/iU 教授/江端浩人事務所 代表 江端浩人氏

 この度顧問に就任する江端氏は、日本コカ・コーラや、日本マイクロソフト、DeNAなどで要職を歴任。現在はiU教授、MAIDX LLC・江端浩人事務所代表として、企業のDX推進や次世代デジタル人材の育成に尽力している。江端氏の就任にあたるコメントは以下の通り。

 「Almondoの『テクノロジーで、人の力や想いを解き放つ」というミッションは過去在籍していたマイクロソフト等のミッションともマッチしており、Almondo社は自分のライフワークである『日本から世界に通用するTechベンチャーを輩出する』ともマッチしている。今まで社会で培った経験や人的ネットワークを駆使し、Almondoの成長をサポートしていく」

【関連記事】
ABEMA、AI技術を活用した広告手法「バーチャルプロダクトプレイスメント」の実証実験を開始
クラスター、cluster上で法人向け会話型AI実装の決定を発表 2024年3月にリリース
生成AIへの認知、40~65歳が若年層より高い結果に/利用経験は25~39歳が最多【アドビ調査】
【耳から学ぶ】生成AI×アフターデジタルで到来する、 UXにAIが練りこまれる世界
ポップスコッチ、AIキャラクターがユーザーに話しかける「対話型LP」の提供を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/12/11 13:15 https://markezine.jp/article/detail/44356

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング