SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通デジタル、インクルーシブ視点からプロダクト開発を一気通貫で支援するソリューションを提供開始

 電通デジタルは、インクルーシブ視点で新規プロダクトの開発を支援する「インクルーシブデザインソリューション」の提供を開始した。

 同ソリューションでは、課題意識と新しい視点を持つマイノリティの人々を「リードユーザー」としてプロジェクトに巻き込み共創。彼らのインサイトを基点に課題抽出とアイデア発想を行い、問題の改善と新たな価値創造へつなげ、生活者にとって価値のあるプロダクトを目指す。電通デジタルは構想から開発、運用までのプロセスを一気通貫でサポートしていく。

クリックして拡大

 プロセスのうち問題定義のフェーズでは、リードユーザーと共にインクルーシブ視点で課題を抽出。Co-design(参加型デザイン手法)のアプローチでワークショップを設計し、フィールドワークや実体験から課題の特定・アイデア発想を行う。

 問題解決フェーズにおいては、抽出されたインサイトをもとにプロトタイプを制作し、リードユーザーへのテストを実施する。プロダクトのローンチに向け、デザインにリードユーザーのニーズが反映されているかを確認し、UI/UXデザインやガイドラインを策定していく。

クリックして拡大

 また運用フェーズでは、ローンチ後もユーザーからのフィードバックをインクルーシブ観点で取り込み、段階的なグロースに向けて改善案を立案する。

【関連記事】
電通デジタル、小売り業界特化のCDPパッケージ型ソリューションの提供を開始
電通デジタル、新たなサービスブランド「∞AI」を発表 マーケティングを支援する4つのサービスを開始
電通デジタルとインフォアクシアが業務提携 ウェブアクセシビリティの支援体制強化を目指す
電通デジタルとISID、ビジネス環境分析ツール「NEST the Business」をリリース
電通デジタル、トランスフォーメーション領域事業の説明会を実施 目指すは支援業から創造業への転換

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/12/15 07:45 https://markezine.jp/article/detail/44388

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング