SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第102号(2024年6月号)
特集「ブランドは気まぐれな消費者とどう向き合うべきか?」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通デジタル、国内外のグローバル企業のデジタルビジネスを支援する組織「DDGC」を新設

 電通デジタルは、グローバルなデジタルビジネスの拡大および成長機会の発掘を支援するCoE(Center of Excellence)組織「Dentsu Digital Global Center(DDGC)」を新設した。

 同組織は、日本国内マーケットをターゲットとした外資系グローバル企業や、グローバルマーケットへの拡大を目指す日本企業に対して、包括的かつ一気通貫でビジネスを支援。150人以上のデジタルビジネスの専門家で組成され、広告・メディア、データ&テクノロジー、CXM(顧客体験マネジメント)、事業変革、クリエイティブなどのサービスをマルチリンガルで提供する。

「DDGC」シニアマネジメント
「DDGC」シニアマネジメント

 具体的な提供サービスは、外資系企業に対する日本マーケット展開支援として、日本の生活者インサイトに沿ったメディアプランニングやCRM・ロイヤリティプログラムなどの顧客コミュニケーション設計、WebサイトやD2Cの構築・運用などが挙げられる。

 また日本企業のグローバルマーケット展開支援としては、海外進出における市場進出戦略(Go to Market)支援やグローバルWebサイトおよびD2Cの構築・運用を支援。さらにグローバルのプラットフォーム開発やガバナンス策定、メディアプラットフォームを用いた海外マーケットにおけるメディアプランニングなどもサポートする。

 なおDDGCは、電通グループの海外事業においてCXM領域を中心的に担うMerkleの日本拠点としての役割も持つ。電通グループの海外ネットワークと連携し、各拠点のソリューション活用や現地マーケットに最適なサービスを提供可能なチームを組成し、グローバルプロジェクトを推進していく。

【関連記事】
電通デジタル、経営層・事業責任者向けDX方針策定プログラムの提供を開始 全社横断DXをサポート
電通デジタル、電通デジタルアンカーを完全子会社化 事業のさらなる拡大を目指す
生活者の6割以上が銀行・通信・生命保険においてオンラインなどの無人手続きを希望【電通デジタル調査】
電通デジタル、インクルーシブ視点からプロダクト開発を一気通貫で支援するソリューションを提供開始
電通デジタル、X活用の戦略プランニングメソッドを開発

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/01/19 13:15 https://markezine.jp/article/detail/44583

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング