SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(AD)

オンデマンドに広告を入れ収益化!UltraImpression×J SPORTSに聞く導入の裏側

UltraImpressionアドサーバーの特徴

──J SPORTSの課題に対し、UltraImpressionはどのような提案を行ったのでしょうか。

小野:国内でインストリーム広告を主戦場にしているベンダーはまだ少ないので、まずは我々が放送局と行ってきたビジネスの実績をお伝えしました。J SPORTSさんのようにライブ中継を放送とデジタル両方で配信し、広告をリアルタイムで流すというご要望に応えられると考えました。

株式会社UltraImpression プラットフォームビジネスセンター 小野照有喜氏<br />特徴的なデータやメディアを持つ企業へのデジタル広告によるマネタイズ支援や共同での商品開発を担当。ビジネス視点でのプロダクト開発やクライアントへのアドサーバーの導入及び運用支援などを手掛けている。
株式会社UltraImpression プラットフォームビジネスセンター 小野照有喜氏
特徴的なデータやメディアを持つ企業へのデジタル広告によるマネタイズ支援や共同での商品開発を担当。ビジネス視点でのプロダクト開発やクライアントへのアドサーバーの導入及び運用支援などを手掛けている。

小野:TVerのリアルタイム配信で培った、安定稼働できる実績がある点。また、インストリーム広告をマネタイズする上で、各広告会社やアドバタイザーのニーズに対し、応えるためにどういう機能が必要なのかということが理解できている点もお伝えしました。

 さらに、システム面だけに限らないサポートについてもお話しました。たとえば市況や販売ノウハウから、セールス後のレポートの出し方など、ビジネスコンサルティングも行える点などです。

──UltraImpressionのアドサーバーの何が決め手となりましたか。

田中:やはり人的支援が手厚い点です。システムのサポートだけではなく、アドバタイザーへの企画書の内容を添削していただいたり、販売するパッケージの金額をご相談したりもしました。

関:最終的な到達点のイメージが持てないと、システム構成のどこを開発していくかが見えません。コンセンサスを丁寧に取り、最終的なイメージを関係者全員で共有できた点がよかったです。我々技術サイドとしては、配信でインストリーム広告を流すためにはどういうソリューションを導入すればいいのかも、まったく知見のない状態からのスタートでしたから。

株式会社ジェイ・スポーツ 制作技術部デジタルサービスチーム チームリーダー 関浩氏<br />同社のテレビ部門の技術職、経営戦略を経て、現在はデジタルサービスを担っている。
株式会社ジェイ・スポーツ 制作技術部デジタルサービスチーム チームリーダー 関浩氏
同社のテレビ部門の技術職、経営戦略を経て、現在はデジタルサービスを担っている。

──UltraImpressionのアドサーバーには、どのような特徴がありますか。

木村:これまでテレビ朝日でメインのアドサーバーとして使ってきて、VODとライブ配信それぞれに対応しています。また、TVerのオフィシャルアドサーバーとしても採用されているので、様々な広告配信の形態に対応しているのも特徴です。たとえば、番組のどのCMポジションにどういった順番で広告を配信するかを細かく指定できる機能を有しています。そうした放送局のセールスに寄り添った設定ができる点は大きな特徴です。

株式会社UltraImpression プラットフォームテクノロジーセンター センター長 木村洋輔氏<br />インストリーム広告のプロダクト開発やデータ分析を通じた放送局の収益化を技術面からサポートしている。
株式会社UltraImpression プラットフォームテクノロジーセンター センター長 木村洋輔氏
インストリーム広告のプロダクト開発やデータ分析を通じた放送局の収益化を技術面からサポートしている。

小野:アドバタイザーはデジタル広告のレポーティングを重視することが多いので、配信後の分析が詳細にできるようなデータ設計にしています。また、当社にはデータ分析のチームがあるので、アドバタイザーに出すレポート作成をサポートしたり、在庫分析をしたりといったこともできます。

 たとえば「こうしたターゲティングができるとより付加価値をつけて売れますよ」といった広告ビジネスに関する知見もご提供できます。

【公式】J SPORTSオンデマンド
J SPORTSオンデマンドなら定額で迫力の動画が見放題!

次のページ
目標値を大きく上回る広告セールスを実現

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

平田 順子(ヒラタ ジュンコ)

フリーランスのライター・編集者。大学生時代より雑誌連載をスタートし、音楽誌やカルチャー誌などで執筆。2000年に書籍『ナゴムの話』(太田出版刊)を上梓。音楽誌『FLOOR net』編集部勤務ののちWeb制作を学び、2005年よりWebデザイン・マーケティング誌『Web Designing』の編集を行...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

提供:株式会社UltraImpression

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/03/29 11:30 https://markezine.jp/article/detail/45144

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング