SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第99号(2024年3月号)
特集「人と組織を強くするマーケターのリスキリング」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究

2023年度に読まれた「Instagram」活用事例をピックアップ!各社が語る成功要因・戦略

 フォーマットの進化とともに活用の幅が広がっているInstagram。この1年では、どのような事例が注目を集めたのでしょうか? 本記事では、2023年度にMarkeZineが公開した記事からInstagramの活用事例を取り上げたコンテンツをピックアップして紹介します。

資生堂の社員インフルエンサーに学ぶ、ユーザーとの向き合い方

 

4万人以上のフォロワーと築く信頼関係。資生堂が取り組む、社員インフルエンサー施策に迫る

 こちらの記事では、資生堂グループが注力する社員インフルエンサーの取り組みを紹介。同社の美容部員である「パーソナルビューティーパートナー(PBP)」は、社員インフルエンサーとしてInstagramやX、TikTokなどSNSアカウントを運営し、顧客に新しい美容習慣や最適なケア方法などの情報を届けているといいます。取り組むうえで直面した課題や大切にしている運営方針から、Instagramを含むデジタル上のコミュニケーションやユーザーとの関係構築のポイントが学べます。

3COINSがチームで取り組むスタッフインフルエンサー育成

 

3COINSのスタッフインフルエンサーはなぜ信頼される?個の成長を促すチームの仕組み

 こちらの記事では、広告一切なしにもかかわらず、確かな認知と人気を得て成長を続ける雑貨ブランド「3COINS」の事例を紹介。国内でも早くからスタッフインフルエンサーの発信に注力してきた3COINSでは、70名以上がInstagramを中心に最新情報の拡散を担っているといいます。多くのユーザーに信頼され、評価されるコンテンツを発信できている理由や、ブランド内の育成の仕組みに大切なことがうかがえます。

丸亀製麺のアカウントが「攻略本」をコンセプトにする理由

 

丸亀製麺2023年のSNSを総振り返り Instagram、X、TikTokでの試みを一挙公開

 こちらの記事では、丸亀製麺のソーシャルコミュニケーション戦略を統括している小西香織氏と同領域で支援するホットリンクの担当者に、Instagram/X/TikTokの活用についてまとめてインタビュー。Instagramについては、「丸亀製麺の攻略本」をコンセプトに運用している意図や、再生回数が100万を超えるようなコンテンツ作りの手法、過去最高値の伸び率を達成できた理由などを説明しています。

BEAMSが150以上の自社アカウントに求める役割

 

常にワクワク・ドキドキを届ける、BEAMSの運用方針

 こちらの記事では、2013年9月よりInstagramを運用しているBEAMSの事例を紹介。150以上のInstagramアカウントが存在するという同社。モバイルをメインに情報収集や購買を行うユーザーに向けて発信するコンテンツや売上に寄与するための取り組みが語られています。

ヤッホーブルーイングに学ぶ「ファンの熱」を維持する運用

 

目指すは「ファンと一緒につくるアカウント」 よなよなエールのInstagram

 こちらの記事では、ファンマーケティングへの注力でも知られるヤッホーブルーイングの事例を紹介しています。同社のInstagramの本格運用は2019年のSNS運用チーム結成から。製品への愛着を深め、製品を見た時に飲みたいと思えるファンの「熱」を維持するためのInstagram運用を伝えています。

NECが若年層の認知・共感を目指すコンテンツの戦略

 

「NECって何の会社?」からZ世代の意識を変える、NECの「未来のステークホルダー」作り

 こちらの記事では、日本電気株式会社(NEC)が若年層からの認知・共感獲得を目的にInstagramとTwitterで運営するSNSアカウント「#止まらない日常」について紹介。同社コーポレートブランディング部の若手社員を中心とした運営メンバーが、その企画意図や、パーパスに通じる想いを広く届けるための戦略を語りました。

ウォータースタンドが語るリール広告枠の効率的な活用

 

Instagram縦型動画で新規顧客が272%に増加!サイバーエージェント独自スタジオ×AI活用事例

 こちらの記事では、ウォーターサーバーブランドの「ウォータースタンド」の事例を紹介しています。同社では、2023年3月より従来の広告運用手法に加えて、縦型動画広告施策を実施。制作されたクリエイティブはInstagramを中心に展開しました。デジタル広告枠としてのInstagramリールやその効率的な攻略方法を知ることができる記事です。

I-neが新ブランドをPRしたインフルエンサー施策の裏側

 

I-neのインフルエンサー施策を支える分析力 発見タブ上位を掴むためのデータと関係構築

 こちらの記事では、BOTANISTやYOLUなどの数々のヒット商品を世に送り出してきたI-neの事例を紹介。同社がヘアケアカテゴリで展開するブランド「Aquall」をPRするために行ったインフルエンサー起用施策について、I-neの平尾氏と施策を支援したAnyMind Japanの木村氏に取材しています。Instagramをインフルエンサーマーケティングに活用する際に意識すべきポイントやプロモーションの実施方法が語られました。

専門家に聞いたインフルエンサーマーケでおさえるべきポイント

 

「ナノ」が欠けると売上増に繋がらない?インフルエンサーマーケの最新トレンドと内製化&予算組のポイント

 こちらの記事では、インフルエンサーマーケティングに長年従事しているCARTA MARKETING FIRMの平賀大地氏にインタビュー。インフルエンサーの持つ力を、限られた予算の中で最大限にマーケティング施策に反映させるための方法論が語られています。特定の企業による活用事例ではありませんが、Instagramに限らず、インフルエンサーを起用する施策に関わる方におすすめの記事です。


 今後も引き続き注目されるInstagram。皆様のマーケティング戦略でもこのような事例を参考にしてみてはいかがでしょうか?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/03/28 08:00 https://markezine.jp/article/detail/45217

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング