SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第97号(2024年1月号)
特集「2024年の消費者インサイト」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(AD)

I-neのインフルエンサー施策を支える分析力 発見タブ上位を掴むためのデータと関係構築

 定量的な分析や一定の成果を出し続けることが難しいとされるインフルエンサーマーケティング。BOTANISTやYOLUなどの数々のヒット商品を世に送り出してきたI-neは、AnyMind Groupが提供するインフルエンサープラットフォーム「AnyTag」を活用し、新商品「Aquall」のPRにおいて認知の拡大に成功した。本稿ではI-neの平尾氏とAnyMind Japanの木村氏に取材。企業がインフルエンサーマーケティングを行う際に意識すべきポイントとSNSごとの特徴を捉えたプロモーションの実施方法をうかがった。

インフルエンサーに熱量をもって商品を紹介してもらう

MarkeZine編集部(以下、MZ):これまでの簡単なご経歴と現在の業務について教えてください。

平尾:I-neのブランドマネジメント部に所属し、ブランドプロモーション課の課長を務めています。これまでボタニカルライフスタイルブランド「BOTANIST」やナイトケアビューティーブランド「YOLU」の発売時にプロモーションを担当し、現在はヘアケアや美容家電ブランドのプロモーションに横断して取り組んでいます。

株式会社I-ne マーケティング本部 ブランドマネジメント部 ブランドプロモーション課 課長 平尾 美由紀氏

木村: AnyMindのインフルエンサーマーケティング事業部で営業を担当しています。現在、美容クライアントを中心に担当しており、加えてBeauty Hackという美容特化のチームにも所属しています。

AnyMind Japan株式会社 Influencer Marketing Business Development Executive 木村 穂乃香氏

MZ:I-neではインフルエンサーマーケティングにも積極的に注力されている印象です。この手法の価値や役割をどうお考えでしょうか。

平尾:当社では、大手企業よりも限られた広告予算の中で、お客様からいかに効率的に商品を認知してもらい、購入につなげるかを大切にしています。

 テレビCM出稿の有無といった施策規模の違いから認知のベースが大手企業より少ない分、プロモーションにおいて特に重要視するのは認知から購入に至るまでの転換率です。購入転換率の向上を考える中でも、広告配信とインフルエンサー施策のバランスは意識しているポイントです。広告配信の役割は、自社発信で世界観や商品特徴を伝えることによる認知向上で、インフルエンサーを起用する施策の役割は、ユーザーからのブランドに対する共感や納得感を得ることで、話題の着火を促して購買につなげてもらうことだと考えています。

 特にインフルエンサーの方々に実際に商品を使用いただいた上で自身の言葉で熱量を持って紹介していただけるようにすることが当社のプロモーションでは非常に重要です。

I-neのSNSプロモーションの考え方 「イノベーター理論」に基づいた三つの層

MZ:インフルエンサーを起用するプロモーションは「話題の着火」が目的ということでしたが、どのような層にアプローチしているのでしょうか?

平尾:当社ではイノベーター理論を基に、ターゲットをタイプごとに整理しています。話題の着火点を作る「美容開拓層」と、その話題に乗っかりトレンドを作る「美容トレンド層」、そのトレンドから良さそうなものを探して購買する「美容マス層」です。インフルエンサーマーケティングでは、各層に合わせた施策を行うことを重要視しています。

木村:I-ne様は、プロモーションの目的や対象を非常に明確化しています。また新たなブランドや、プロモーションが始まる前のブランドストーリーについてもしっかりと芯が通っているのも特徴的です。

平尾:また各プラットフォームについても、それぞれ特性が大きく違うため、使用目的も大きく異なると感じています。たとえばXは、興味関心軸でつながっている人同士での拡散性があるという特徴があり、特に効果的なのは美容開拓層へのアプローチです。一方、Instagramは、リールで流行を作る特徴と、フィードでUGCが蓄積されることによる商品のデータベースといった二つの特徴があり、美容マス層へのアプローチに適していると感じています。

次のページ
定量分析を基に導き出した発見タブ上位表示の指標

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

佐々木 もも(ササキ モモ)

 早稲田大学卒業後、全国紙で約8年記者を経験。地方支局で警察や行政を取材し、経済部では観光や流通業界などを担当した。現在は企業のオウンドメディアの記事企画や広報に携わる。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

提供:AnyMind Japan株式会社

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/11/30 12:00 https://markezine.jp/article/detail/43604

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング