SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第102号(2024年6月号)
特集「ブランドは気まぐれな消費者とどう向き合うべきか?」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アイレップ、PINGPONGに広告クリエイティブのAI分析機能搭載を発表 マルチモーダルLLMを活用

 アイレップは、3月28日、「Creative Table PINGPONG(クリエイティブ テーブル ピンポン、以下、PINGPONG)」に対し、マルチモーダルLLM技術を活用した広告クリエイティブのAI分析機能を搭載したことを発表した。

 PINGPONGは、同社が開発した運用型広告のクリエイティブ制作に特化したAIワークフローシステム。独自のAI技術を駆使することで、クリエイティブ制作のワークフローをハイパーオートメーション化し、管理・制作工数の削減とデザイナーのクリエイティブ力向上を支援する。

 今回、新たに搭載する広告クリエイティブのAI分析機能では、マルチモーダルLLMを含む各種AIの活用により、様々な広告クリエイティブの要素分析を行う。要素の列挙だけでなく、メインコピーやキービジュアルを特定することで、生活者への訴求方法や与える印象を踏まえた体系的な分析が市場に対してできる。

 これにより、制作した広告クリエイティブを客観的かつスピーディーに分析が可能になり、広告クリエイティブ制作における品質・スピードの向上が期待される。

 また、サービス名や配信媒体・時期などの周辺情報の入力により、広告クリエイティブがどのようなマーケティング課題を解決するために制作されたものかの推定も可能。これにより、自社の広告クリエイティブが生活者に意図どおりに伝わるか、意図しない伝わり方をしてしまうリスクがないかの客観的な確認ができる。

新機能の利用イメージ

 今後同社は、広告クリエイティブの分析に加え、広告配信実績の分析やプランニングなどの領域でもLLM含むAIの利活用を加速化。より高度で効果的なマーケティングの実行を可能にするアップデート対応を進める予定だ。

【関連記事】
DACとアイレップ、新会社の社名を発表 社名は「Hakuhodo DY ONE」
アイレップ、「iPalette」に広告運用実績のAI分析機能を搭載 分析の精度向上と短縮化が可能に
AnyMind Groupが「AnyMind LLM Lab」開設 大規模言語モデルの活用を推進
BitStar、生成AIを活用し企業に最適なインフルエンサーをマッチングする機能の提供を開始
NEC、生成AIを活用したマーケティング施策立案技術を開発 2024年内のサービス提供を目指す

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/04/01 08:45 https://markezine.jp/article/detail/45266

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング