SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第102号(2024年6月号)
特集「ブランドは気まぐれな消費者とどう向き合うべきか?」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

マイクロアド、上海東犁と合弁会社「New B」を設立 シニアコミュニティを活用した中国ビジネスを支援

 マイクロアドは、中国でアクティブシニア事業を運営する上海東犁文化传播(以下、上海東犁)と、合弁会社「New B(ニュービー)」を設立した。

 マイクロアドは、中華圏におけるマーケティング・越境ECをはじめ、日本企業の海外進出支援やインバウンドプロモーション支援事業を展開している。上海東犁は、中国最大の商圏である上海および華東地域(江蘇省・浙江省など)で、定年退職後のアクティブシニアを中心としたコミュニティサロン「退休倶楽部(たいきゅうくらぶ)」を運営する。

 合弁会社の設立により、両社のリソースを総合的に活用。中国におけるインバウンドおよびアウトバウンド支援事業を推進し、新たな価値創造を目指す。

 具体的には、「退休倶楽部」のコミュニティを活用したクローズドマーケティング施策を展開する。訪日旅行や会員向けの娯楽施設、SNSやマスメディアを用いた情報発信、EC販売機能、ライブコマース、リアルイベントおよび効果検証を通して、顧客の目的や課題に適したプロモーションプランを考案。日本企業や地方自治体に提供していく。

【関連記事】
Google アナリティクス4を“実務レベルで使いこなす”ためのオンライン講座開催
マイクロアド、UNCOVER TRUTHを連子会社化 1st パーティーデータの利用が可能に
マイクロアド、Pontaのデータと連携 実店舗における広告配信の購買分析を開始
マイクロアド、中国ビジネスに特化した情報メディア「catalyst-crossing」の運営を開始
マイクロアドら、地方自治体向けにインバウンドプロモーションサービスの提供へ 台湾人観光客の誘致を支援

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/04/19 11:30 https://markezine.jp/article/detail/45435

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング