SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第102号(2024年6月号)
特集「ブランドは気まぐれな消費者とどう向き合うべきか?」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

東芝データとZENB JAPAN、グルテンフリー食品の市場分析を実施 購買ビッグデータを活用

 東芝データとミツカングループのZENB JAPAN(以下、ZENB)は、4月24日、東芝データが提供する電子レシートサービス「スマートレシート」から得られる購買ビッグデータを用いて、共同でグルテンフリー食品の市場分析を実施したことを発表した。

 同分析では、東芝 研究開発センターが持つクラスタリング技術をスマートレシートで得られる購買ビッグデータ向けにアレンジし適用。購買ビッグデータを基に、購買特性が共通する商品を同じ商品クラスターに自動で分類する「クラスタリングAI」を活用して、スマートレシートの購買データを分析した。そして、健康志向が高い購買特性を抽出し、その購買特性と各食品の関係性の強さに基づいて食品を分類した。

 その結果、グルテンフリー食品の購買特性と似た食品が集まったクラスターを自動で抽出することに成功した。これにより、グルテンフリー食品の購買特性は「糖質オフ」「タンパク質摂取オン」「食物繊維摂取オン」であることが判明。これまでZENBの意識調査で見えていた健康ニーズの傾向をデータでの裏付けが可能となった。

画クラスタリングAIで分析したグルテンフリー食品の潜在市場

【関連記事】
アルコール飲料の購買動向、ハイボールの売上金額は昨年比で+20.2ptと大幅増加【東芝データ調査】
マップマーケティング、「未来人口データ2020」を提供開始 5年間隔で人口動態の分析が可能
GMOリサーチ、調査リリース作成サービスの提供を開始 AIを活用した設計から分析までサポート
トレンダーズと横山隆治事務所、SNS投稿の熱量と売上の相関を分析
ヤフー・データソリューション、リサーチツールに生成AI機能を試験導入 検索ワードの隠れたニーズを分析

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/05/09 15:30 https://markezine.jp/article/detail/45492

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング