SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第102号(2024年6月号)
特集「ブランドは気まぐれな消費者とどう向き合うべきか?」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

読売新聞およびビーマップら、顧客会員データと購買データを連携した販促キャンペーンサービスを開始

 読売新聞東京本社(以下、読売新聞)とビーマップおよびその子会社のMMSマーケティングは、顧客会員データと購買データを活用した販促キャンペーンサービスを開始した。

 同サービスでは、読売新聞・読売グループが持つ顧客データを蓄積したCDP「yomiuri ONE」と、ビーマップ・MMSマーケティングが実施するレシート投稿型の販促キャンペーンにおける応募者の購買データ・属性データを紐づけ、読売新聞の広告配信システム「YxS Ad Platform」に活用する。

 具体的には、キャンペーンの応募者が応募にあたって実際に購入した商品情報をもとに購買行動を追跡し、データを蓄積。次回以降のキャンペーン実施時に応募の可能性の高い顧客に対して広告を打つことができる。

【関連記事】
アクセス解析の学び直しに、スキルアップに!小川卓氏から学ぶGoogleアナリティクス4を用いた分析
SMN・読売新聞・DNP、各媒体の接触データを活用した広告サービスを開始 テストで広告効果向上も確認
DNP、読売新聞東京本社、SMNが広告ビジネスで協業 マス3媒体を横断するデータマーケティング実現へ
読売新聞らが「YxS Ad Platform」を開始 新聞・テレビの接触データに基づく広告配信を実現
レシート「毎回受け取る」と答えた人は7割弱/うち約4割は「内容を見たら捨てる」【LINE調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/04/26 10:45 https://markezine.jp/article/detail/45499

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング