SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

LMIグループとINFORICHが協業 「ChargeSPOT」をリテールメディアに活用へ

 LMIグループは、広告効果の測定が可能なリテールメディアの実現を目指し、INFORICHとの協業を発表した。

 LMIグループが提供するリテールメディア「AdCoinz(アドコインズ)」では、リテールを訪れる消費者がQRのスキャンやアプリのダウンロード、フォーム記入などのアクションを通じてリワードを獲得できる。広告主は消費者のアクションを促進し、リード獲得と広告効果の評価に関するデータを収集可能だ。またリテールは、広告収益を得るだけでなくリワードを活用した追加の購入を促せる。

 INFORICHが提供するモバイルバッテリーシェアリング「ChargeSPOT」は、コンビニ・薬局・空港・カラオケ・駅・飲食店・ホテル・観光地など全国に約43,000台(2024年3月末時点)展開しており、すべてのバッテリースタンドにデジタルサイネージを搭載。モバイルバッテリーのレンタルだけでなく、デジタルサイネージを活用した広告配信が可能だ。さらに、「ChargeSPOT」のサイネージとネイティブアプリを組み合わせたクーポン発行や周遊企画を実施できる。

 同協業により、「ChargeSPOT」に「AdCoinz」を掛合わせ、新しい顧客体験価値を創出する。両社は今後も協業を進め、リテールでのPoCを実施しリアルメディアの発展と可能性の拡大に取り組んでいく。

【関連記事】
LMI、広告主・リテール・消費者の3社すべてにメリットを与える新たなリテールメディアの提供を開始 
INFORICHとunerry、「ChargeSPOT」のサイネージを利用した広告効果の検証を実施
unerryとINFORICH、スマホ充電器シェアサービスをビーコン化 ターゲットマーケに応用へ
Criteo、リテールメディアの効果に関する調査レポートを発表 広告展開でROIが平均428%増加
アドインテ、ツルハグループのリテールメディアの新たな広告メニューを提供 アプリやサイネージを活用

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/05/28 12:30 https://markezine.jp/article/detail/45778

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング