SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂DYメディアパートナーズ、クロスメディア型広告の効果測定を低コストで行う新手法を開発

 クリエイティブ(広告表現)の内容がメディアによって異なるクロスメディア型キャンペーンでは、マス広告とインターネットや屋外などの広告との重複接触効果の測定を行う必要がある。そのため膨大なサンプル数が必要となり、コスト面での課題を抱えていた。

 今回開発された「CROSCOPE」は、高度な統計処理・解析が可能な独自のWeb実験調査システムを使用し、たった一度の調査だけでクロスメディアキャンペーンの広告効果測定やデータの収集が可能となり、コストも低く押さえることができる。

 博報堂DYメディアパートナーズでは、今後トライアル調査を重ね、今夏以降にシミュレーションを含めたプランニング商品の実用化・商用化を行うとしている。

【関連記事】
10代・20代で高まるクロスメディア傾向、年代・性別で携帯の使い方に大きな違いが【博報堂調査】
不動産のクロスメディアプロモーション体制を強化、読売広告社とデベロップジャパンが業務・資本提携
中国消費リーダー層は「クロスメディア型」、パソコンインターネットへの平均接触時間は日本の3倍以上

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/07/30 12:15 https://markezine.jp/article/detail/4790

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング