SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ヘルスケア関連サイトは6000超、MicrosoftやGoogleも注目する米医療情報ビジネス

 発表されたデータによると、米国におけるカルテの電子化率は2008年の時点で20%以下であり、処方箋も手書きの紙が主体となっている。米国の国民総生産(GDP)に占める医療費の割合は2006年時点で15.3%。日本の8.2%と比較すると倍近い数字だが、その背景には高額な医療費だけでなく、IT化の遅れによる非効率的な医療システムがあるという。

 このため、米国医療分野における最大の課題は、医療情報の電子化と共有化であり、医療・健康情報(PHR:Personal Health Record)の電子化・共有化については、MicrosoftとGoogleの2社が主導権を争いつつある。その一方で、医療・健康情報のポータルサイトでは、世界1位のページビューを持つ“WebMD”を新規参入でAOL出資の“Revolution Health”が追っている。また、ダイエット講習会ビジネスのWeight Wathers Internationalは、肥満対策サービスとして最大の利益を上げている。

「WebMD」のトップページ

 米国国勢調査局データでは2007年度に肥満者は30%を超え、過体重者と肥満者(BMI25%以上)を合わせると65.3%に達している。米国人の健康への関心は高く、健康情報を得る手段としてWebのニーズは年々高まっており、ヘルスケア分野のWebサイト数は6000を超えるという。

【関連記事】
ニフティ、医療機関向けに「レセプト」請求サービスを開始
アイレップ子会社、医療・介護業界向けのM&A支援サービス開始
米Google、個人の医療記録にオンラインでアクセスできる試験サービスを開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/09/02 12:00 https://markezine.jp/article/detail/5239

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング