SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

今日から実践!ユーザビリティ向上ノウハウ

実店舗と比べて何が「できない」のか? 
アパレルECサイトの商品写真を魅力的に見せるコツ

 アパレル関連のECサイトでは、ユーザーは商品を実際に試着して確認することができないので、ページ上に表示する商品を魅力的に見せることが大切なポイントです。そこで今回はアパレル商品写真の見せ方のコツをご紹介します(ユーザビリティ実践メモの中から編集部がチョイスした記事を再掲載しています)。

写真の見せ方にはコツがある

 アパレル(衣料)関連のECサイトでは、ユーザーは商品を実際に試着して確認することができないため、ページ上に表示する商品をいかに魅力的に見せるかが、売上げを伸ばすために重要なポイントとなってきます。そこで、今回はアパレル商品写真の見せ方のコツをご紹介します。

 アパレル関連の商品を扱っている場合、詳細ページには商品単体だけでなく、モデルが着用している商品写真も合わせて見せることが効果的であることが、弊社の調査で分かってきています。

モデル着用写真
モデル着用写真

 オンラインショッピングをしているユーザーは、膨大な数の商品の中から、自身が欲しいと思うものを絞り込んでいき、絞り込まれた候補の中で、ある程度時間をかけて検討した結果、最終的に購入するものを決定します。

 最初の絞込み時点では、Tシャツにしようかワンピースにしようか、Tシャツの中でも形や素材感はどのようなものにしようかなど、商品単体の写真が並ぶ一覧を見ながら比較検討して、取捨選択します。

 その後、ある程度、絞り込まれてくると「購入」を決定するにあたり、その商品を実際に使うとどのような雰囲気になるのか、自分には似合うのかといった、商品の惹きつけられるポイントをユーザー自身も探し始めるようになります。

 「商品自体はシンプルに見えたワンピースだけど、実際にモデルが着ているのを見るとちょっとフリルが目立ち、自分のイメージとは違う」、「実際に着ている様子からすると、着丈が思ったよりも短い」など、商品の特徴も捉えることができます。

 ECサイトの売上げを伸ばすためには、訪問したユーザーがスムーズに買い物をし、かつ後日またリピート購入してくれることが望まれます。そのためには、今回のように「試着ができない」オンラインショッピングのデメリットを解消する見せ方をすることで、ユーザーに満足度の高い「お買い物体験」をしてもらい、そのECサイトのファンになってもらうことが目標となるでしょう。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
今日から実践!ユーザビリティ向上ノウハウ連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

株式会社ビービット(カブシキカイシャビービット)

仮説検証型の独自方法論「ビービットUCD(User Centered Design)」を用いて、ウェブおよび携帯サイトの戦略立案、サイト設計、構築、効果検証を行うインターネットコンサルティング会社。年間1000人を越えるユーザビリティテスト(ユーザ行動観察)やアイトラッキング調査など各種リサーチを実施し、ウェブユーザの心理と行動パターンを分析。サイトの売上向上、コンバージョン率改善などの具体的成果の創出を行っている。詳細はこちらからご確認ください。【書籍紹介】 絶えず...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/11/27 11:30 https://markezine.jp/article/detail/5755

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング