SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

超絶技巧や裏技講座、スペシャルゲストに沸いた「KORG DS-10 EXPO 2008 in TOKYO」

 AQインタラクティブから7月に発売された「KORG DS-10」は、ニンテンドーDS上にアナログシンセサイザーの名機「KORG MS-10」を再現した画期的なソフト。スクリーンに表示されたつまみやパッチパネルの操作によって音を手づくりし、演奏する楽しさが味わえる。発売とともに大きな話題となったこのソフトのユーザーが集い、大音量で演奏を披露するイベント「KORG DS-10 EXPO 2008 in TOKYO」が10月26日、渋谷のclub axxcisで行われた。

日曜の午後2時から始まったイベントには多くのファンが集まった

 会場には約200名のファンが集まり、「KORG DS-10」の開発にたずさわったAQインタラクティブの岡宮道生氏とキャビアの佐野信義氏の司会のもと、10組を超えるアーティストが登場。ミニマルテクノから高揚感のあるダンスミュージック、和風テイストやテクノポップ、YMOの名曲などさまざまな楽曲が演奏され、「KORG DS-10」の表現力の高さに会場からは拍手が沸き起こった。

左から司会の岡宮氏と佐野氏、自作の機材とともに登場したDS Lite Orchestraのメンバー

 アーティストはニンテンドーDSだけでなく、エフェクターやエレキギター、スタイロフォンから自作の機材まで各自さまざまな機材を持ち込んで独自の世界を展開。中には100円ショップで購入したまな板立てをDS用のスタンドとして使っている人も。

学研のSX-150とスタイロフォンを持ち込んだkoishistyle氏は、「イパネマの娘」や新作を演奏
100均ショップのまな板立てがDSスタンドに

 演奏の合間には飛び入りコーナーやバトルコーナーも設けられ、司会者2人の絶妙なトークもあいまって、終始笑いの絶えない楽しいイベントになった。また、佐野氏のバンダイナムコ時代の作品を6台のDSを使ってリレー形式で再現するTuKuRu氏の演奏には、佐野氏本人も参加。総勢6名でDSを操作し、曲を途切れさせることなく演奏しきった参加者たちは笑顔でハイタッチ。

3人が同時に演奏して勝負するバトルコーナー
曲をとぎれさせるな!佐野氏もハラハラしながら見守った演奏(TuKuRu氏は右から2人目)

 イベント中盤には、「KORG DS-10」を監修したKORGの金森与明氏による「はじめてじゃないシンセサイザー特別編」という講座が行われ、ディレイをイコライザーとして使うなどのテクニックやソフトの弱点(?)を逆手にとった裏技を使ってドラムの音をさまざまに加工し、多彩な音を作り上げる過程を実演。司会者もファンも食い入るように操作画面を見つめ、最後にその音を使って演奏が始まったときには、一堂感嘆の声をあげた。

金森氏による裏技に一堂どよめき
4つのドラムの音だけでこんなに深みのある演奏が…

 金森氏が人生で2番目に購入したアルバムという坂本龍一の「千のナイフ」から1曲を演奏する段になって、そのアルバムに参加していたシンセサイザープログラマーの松武秀樹氏が突如登場。松武氏は「あの頃これがあれば、あんなに大きな機材を運ばなくてよかったのに!」というコメントで笑いを誘った。

サプライズゲストの松武氏
松武氏本人を前にして演奏を披露することになったKORGの金森氏

 その後も続々とアーティストが登場し、午後2時から始まったイベントは夕方の6時を過ぎてもまだ盛り上がり続けた。「KORG DS-10」は欧州や北米地域でも発売されることから、DS-10コミュニティはさらに世界に広がりそうだ。

【関連記事】
DSで作った曲を大音量で披露できる「KORG DS-10 EXPO 2008 in TOKYO」10月に開催
21世紀のテルミン? ヤマハの新しい電子楽器「TENORI-ON」
画像や音で遊べるマシンに変貌、カメラ付き「ニンテンドーDSi」は11月1日発売

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/10/26 22:32 https://markezine.jp/article/detail/5757

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング