SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ネットに【群集】のコミュニケーションの場を、「ニコニコ広場」オープン

 ニコニコ動画では、再生動画に対して、複数のユーザーが異なる時間軸でコメントをしながらもコミュニケーションの一体感を味わえる「非同期コミュニケーション」に加えて、ニコニコ動画にアクセスしているユーザーに向けて一斉に情報を発信する「ニコ割」やニコニコ生放送などの「同期コミュニケーション」を提供してきた。

 今回オープンした「ニコニコ広場」ではこの非同期と同期のコミュニケーションが融合し、大人数のユーザーがネット上での共通体験を通してひとつになれるプラットホームとして機能する。

ニコニコ広場のイメージ画像

 ニコニコ広場では、生放送やニコ割がない時間帯を含め24時間チャットを行うことができ、常に同期されたコミュニケーションを取ることができる。また、視聴プレイヤー左上のエリアを通じて、運営側からの情報や地震速報、生放送中の番組の情報などといった「今」の情報を提供が可能となる。

 運営会社であるニワンゴによると、ニコニコ広場は、ネット上に“群衆”を再現するための方法「クラウドメッセージング」の考え方にもとづいて構築されたものだという。これまでネット上のサービスは個人での利用に特化した形に進化してきたが、これは人々の共通体験の場やコミュニケーションを減らす傾向に作用してきた。しかし、「クラウドメッセージング」は、この失われた共通体験をネット上で再現し、大人数にネットでの一体感を与えるものだという。

 ニワンゴは、「個」に特化してきたネット上の進化とは違う方向に発想する「集団」での一体感の共有が、ニコニコ動画の進化の方向であると位置づけている。

【関連記事】
ニコニコ動画、「過去3回潰れそうになっていた」
ニコニコ大会議2008冬開催、新機能は24時間開放広場や個人生放送
ニコニコ動画、ID登録者数1000万人を突破
「ニコニコ動画(秋)」にバージョンアップ、黒字化へ向けて広告枠を3.5倍に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング