SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

サイトへの問い合わせはカンタン無料通話で、「BIZTELウェブ電話」スタート

 ホスティングサービス事業などを展開しているリンクは、電話システムインテグレータのエムトゥエックスと共同開発した「BIZTEL ウェブ電話」サービスの提供開始を、1月22日に発表した。

 このサービスの特徴は、ウェブから簡単に通話サービスを呼び出すことができるところ。まず、サイト訪問者がウェブに表示されているボタンをクリックする。すると別のウィンドウが表示されるので、そこで自分の電話番号を入力して電話をかけてもらう「コールバック方式」か、ヘッドセットかイヤホンマイクを利用してそのまま電話をかける「ダイレクトコール方式」のいずれかを選択するというしくみだ。 

「コールバック方式」では、電話をかけてもらう日時を指定することができる。

 「コールバック方式」では、通話料金をサイト運営者側が負担する。「ウェブ電話」の3分間の通話料金は、対固定電話の場合、一律9.45円。対携帯電話・PHSの場合は56.7円と、フリーダイヤルよりも割安になっている。ユーザーがヘッドセットまたはイヤホンマイクを利用する「ダイレクトコール方式」では、運営者側に専用端末がある場合は、双方に料金が発生しない通話コストゼロの“フリーダイヤル”が実現する。導入にあたっては、上記通話料のほかに、初期費用や月額利用料などを合わせた料金プランとして、「ウェブ電話のみの利用」と「BIZTELスタンダードプランのオプションとして利用」のいずれかを選択する。

 同社は、このサービスをアフィリエイトと結びつけ、「BIZTEL ウェブ電話」のボタンを一体化させたバナー広告を展開するなど、さまざまなシーンでの利用が考えられるとしている

プレスリリース:「ウェブサイトに設置したボタンをクリックするだけで簡単に無料通話ができる IP ビジネスフォン 「 BIZTEL ウェブ電話 」国内初のサービスを開始」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/02/24 18:06 https://markezine.jp/article/detail/660

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング