MarkeZine(マーケジン)

記事種別

都バスで非接触給電ハイブリッドバスが試験走行

2009/04/07 14:25

 今回の試験走行に使われるのは、産学官連携して実施してきた「次世代低公害車開発・実用化促進プロジェクト」で開発された、非接触給電ハイブリッドバス(車両製作は日野自動車)。非接触給電ハイブリッドシステムは、路面に埋め込んだ給電装置から、電磁誘導によって充電用のコードなどを用いないで車両側のバッテリーに急速に大量充電する方式。通常は電気で走行し、走行中の排出ガス・CO2をゼロとすることができる。

停車中に、路面に設置した給電装置からリチウムイオンバッテリーに急速充電

 今回試験走行を行うのは、晴海埠頭~東京駅丸の内南口間を走る都営バス(都05系)で、運行期間は4月13日から4月27日まで。各日2往復運行し、土日は運休。収集した環境性能、走行性能などについてのデータは、今後の車輌改良の際に活用する。

【関連記事】
ハイブリッドカーでの省燃費ドライブにネットを活用、ホンダがインサイトの燃費ランキングを公開
女性では「インサイト」人気が「プリウス」に迫る勢い【ハイブリッドカー徹底比較】
トヨタ、新型プリウスベースのプラグインハイブリッド車を全世界で500台リース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5