MarkeZine(マーケジン)

記事種別

「博報堂ユニバーサルデザイン」開設、独自調査パネルサービスも展開

2009/06/02 12:40

 「博報堂ユニバーサルデザイン」では、より多くの人に配慮した商品や店舗、施設の製作、特定地域の開発に加えて、印刷物、映像、インターネットなど広告コミュニケーションを中心とする制作物や、人材育成のための研修事業を行う。所長は、IHCDジャパン所長、国際ユニヴァーサルデザイン協議会理事の井上 滋樹氏がつとめる。

 開設と同時に、独自調査パネル「ダイバーシティ・ヴィレッジ」をスタート。見え方、聞こえ方、移動や行動にさまざまな特性がある人、国籍や言語、環境や年齢の違いがある人などが集まった“100人の村“の村人の意見を、クライアントの商品やサービスに反映する。

 博報堂ユニバーサルデザイン内には、ユニバーサルデザインの普及啓発活動を行っている米国ボストンのIHCD(Institute for Human Centered Design)の日本窓口を設置。国際的に活躍する有識者をアドバイザーとして迎え、日本の官庁、企業、団体との共同研究や国際的なプロジェクトを推進していく。

【関連記事】
電通、公共性の高い広告専門ユニット「電通ソーシャル・デザイン・エンジン」立上げ
スグレものの携帯サイトを一覧できる「モバイルデザインアーカイブ」オープン
Googleが新デザインのファビコンを発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5