SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ネット広告の認知率・理解度・好意度は着実に上昇、ヤフーら5社が共同調査

 5社共同の調査プロジェクト「ネット広告バリューインデックス」がまとめた調査結果によると、2008年9月から2009年4月に調査を行った21広告素材の広告到達者におけるインターネット広告認知率の平均値は34.1% となり、2007年調査時の平均値29.1%に比べて、広告認知率が5ポイント上昇していることがわかった。

広告到達者におけるインターネット広告認知率 平均値

 広告認知者のクリエイティブに関する評価についても、その平均値は広告内容の理解度が68.3%と6.3ポイント上昇、広告への好意度が49.5%と8.4ポイントの上昇しており、それぞれ2007年実施の共同調査平均値を上回っている。広告サイズの変更やリッチ広告出稿の増加が、効果拡大にも影響を与えているようだ。

広告認知者におけるクリエイティブに関する評価
左:広告内容理解度平均値、右:広告好意度平均値

 また、広告到達回数(フリークエンシー)が、インターネット広告認知におよぼす影響として、広告商品ジャンルに高い関心を持っている層(高関与層)では少ない到達回数で広告が認知される一方、広告到達回数の増加によって中関与層/低関与層の広告認知を高めることができると分析している。

広告到達回数(フリークエンシー)別のインターネット広告認知率
~広告商品ジャンル関与別~

【関連記事】
PCディスプレイ広告は2008年に停滞感、どうなる?2009年のインターネット広告市場
ネット広告のブランディング効果調査プロジェクトに、オールアバウトが参加
ビデオリサーチ、「インターネット広告出稿効果シミュレータ」公開
ネット広告に確かなブランディング効果、1000万imp出稿時の広告認知者数は130万人

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/06/08 12:10 https://markezine.jp/article/detail/7493

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング