SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

スマートフォン所有者の6割がソフトバンクを選択、auはわずか0.5%【価格.comユーザー調査】

 8月に行われた調査では、全国の20歳以上の「価格.com」登録ユーザー6149人(男性88.4%、女性11.6%)から回答を得た。回答者のスマートフォン所有率は全体の21.5%で、5人に1人が何らかのスマートフォンを所有しており、若年層ほど所有率が高くなる傾向がある。

 利用しているキャリアと機種では、ソフトバンクが全体の6割以上を占めて圧倒的な強さを見せた。そのほとんどは、アップルの「iPhone 3G」と「iPhone GS」で、この2機種のみでスマートフォン全体の55%を占めている。今年6月に発売されたばかりの「iPhone 3GS」の所有率は、すでに前モデル「iPhone 3G」の所有率に迫る勢いとなっている。

所有しているスマートフォンのキャリア

 ソフトバンクに次いでシェアが高いのは、以前からスマートフォン製品を多く発売してきたウィルコムだが、それに迫る勢いなのがNTTドコモ。昨年秋にスマートフォン市場に本格参入し、今年の夏モデルでは、Googleモバイルサービスを1台に集約したGoogle携帯「HT-03A」を投入したドコモは、この1年間で14.8%ものシェアを獲得している。一方、出遅れた感のあるauのシェアはわずか0.5%と極端に低い結果となった。

所有しているスマートフォンの種類

 スマートフォン購入の理由で最も多かったのは「PC用のウェブサイトを閲覧したかった」で、「豊富なアプリケーションを利用したかった」が続いている。また、「電子メールを利用したかった」という回答は40.1%だったことについて、同調査では、スマートフォン先進国のアメリカの状況と比べると、メール端末としてのニーズはさほど高くないと指摘している。

スマートフォンを購入した理由(複数回答)

【関連記事】
Google携帯も登場、ドコモの2009年夏モデル
最速「iPhone 3G S」、ビデオ録画・編集やボイスコントロールも楽しめるパワフルな端末に
スマートフォンを進化させる、VMwareの携帯仮想化プラットフォーム
ドコモ、「BlackBerry Bold」日本向けモデルを2月20日発売

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/09/08 18:56 https://markezine.jp/article/detail/8292

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング