MarkeZine(マーケジン)

記事種別

男性トイレ「座ってする」派が3割超え、家族への配慮でスタイルに変化

2009/09/25 10:45

 TOTOは今年5月、「自宅でのトイレに関する調査アンケート」を5年ぶりに実施した。対象となったのは、20代から60代の男性500名。男性の「座って小用」率は、5年前(23.7%)と比較して約1.4倍の33.4%に増加した。「座って小用」率が最も高いのは50代で、30代・40代・50代では、年代が上がるにつれ「座って小用」率が増加している。

自宅のトイレで小用をするとき、どのような姿勢でするか

 「座ってする」派の理由として最も多いのは「尿が飛び散らない」だが、「立ってする」派では「そういうものだと思っているから」がトップ。「座ってする」派にみられる「掃除が楽」「家族などに言われて」という理由をあげた人は「立ってする」派ではゼロとなっており、「座ってする」派には、同居している家族への配慮がかいまみられる結果となった。

【関連記事】
防災グッズ売上1位は「トイレ」、災害時のイメージ鮮明に
ANA、携帯での座席指定にFlash導入、トイレと座席の位置関係もわかります
トイレからパソコンに健康データを配信できる「インテリジェンストイレII」開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5